ゴリラポッド風(類似品)でスマホを使ったWebカメラ環境を構築する

2020/05/22

節約

t f B! P L

またやっちゃいましたね。約700円で楽天市場にて購入した、有名な「ゴリラポッド」風な商品、いわゆる「類似品」です。テレワーク、ビデオ会議中にスマートフォンのカメラで通話する際にPCに固定出来たり、そのほかいろいろ使えそうだったので、この形のものを探していました。

もうすぐ失効しそうな楽天ポイントで購入したので、とりあえずレビューしていきます。

ゴリラポッドとは?

(画像はAmazonへのリンクとなっています)

本物のゴリラポッドはこちらです。「JOBY」というメーカーから発売されている、ミラーレスや一眼カメラ用のフレキシブルな三脚です。脚が特許技術のボールジョイントになっていて、自由に曲げられ、様々なところのに固定できるのが特徴です。

1kg~5kgまで対応できるモデルが出されており、バリエーション違いでマグネット式のものや、マイク、ライトなどを支えるための脚がさらに追加されたモデルもあります。本物のゴリラポッドが気になる方はJOBY公式サイトも参照してください。

ゴリラポッドの類似品について

とはいえ本物はやはり高いわけです。JOBYの1kg対応モデルでも4,000円ほど。でも、楽天市場で探してみると似たようなのがあります。商品写真ではちょっと小さいかな?という印象。

 

実際に購入したゴリラポッドもどき(類似品)と、いわゆる「本物」のJOBYゴリラポッドのスペック比較表を作ってみました(JOBYのゴリラポッドは1Kモデルのスペック表を参考にしています)

   JOBY ゴリラポッド  ゴリラポッド(類似品)
 重量  197 g  41 g
 サイズ  約2.5x2.5x25.6 cm  約1.7×1.7×16cm
 耐荷重  1 kg  500 g
 素材  ABS,ステンレス鋼,アルミなど  プラスチック,ラバー
 値段  約4,000円~  約500円~

・サイズは脚1本の幅と全長です。全長には付属パーツを含んでいません。
・値段はAmazonや楽天市場などの最低金額から選んでいます

実際にゴリラポッドの類似品を購入してレビュー

ちなみに楽天市場では似たような商品がたくさん出ていて、恐らくどれも仕入れ元は同じなのでしょう。ということでこの時点で一番安い、Bluetoothの遠隔リモコンのついていないモデルを選びました。リモコン付きだと1,200円くらいからありますね。シャッター用ですが、個人的にはタイマーにすれば問題無いのでいらないかなと。

到着後、とりあえず組み立ててみると、クネクネした脚が若干気持ち悪いですが、それがゴリラポッド(もどき)の良さとも言えるでしょうか。タコみたいです。


全体的に安っぽい感じはありますが、スマホをホールドするパーツとくねくね脚の部分は分かれるようになっています。直接カメラ(コンパクトなデジカメくらい)を取り付けることも可能です。

スマホをホールドするパーツの方は100均でも売っていそうな雰囲気ですが、バネの力で結構強力につかんでくれるので、カバー付きのOPPO Reno A(約200g)をはさんでもがっちり固定してくれます。


ホルダー部分に装着するねじ部分も着脱式です。このパーツたちは結構小さくて強度に不安はありますね。スマホくらいの固定には問題無いですが、重めのデジカメなどにはあまり向かないと思われます。

ウェブカメラスタンドとしてPC上に設置してみる

Webカメラとしてスマホを使って行くために購入したので、これをPC上に取り付けられるのかが問題です。今まではPC下にスマホを置いていたのですが、あまり写りが良くないということで、PC上に取り付けられるのか、iPhone 8で試してみます。

とりあえず付きましたね。画面が少々隠れるのは否めませんが、しっかり固定できています。いろいろ試した結果がこのスタイルでした。よくある形のディスプレイなので、こういうモニターを使われている方なら恐らく問題なく固定できます。

若干高さを感じますが、スマホを画面下に置くよりも写りは良くなります。マイクの拾いも良いですね。ただ、そこまでの安定感はないので、ディスプレイにはできるだけ振動を与えないようにするのが無難です。

もちろんウェブカメラやマイクを購入するのも良いのですが、最近のスマートフォンのカメラ、マイクの性能も十分なので、しばらくこのスタイルでウェブミーティングを行っていこうと思います。

ゴリラポッドもどきの他の活用法

キッチン上部で吊るされているiPhone 8

いろいろな活用ができるゴリラポッドですが、楽天市場の激安ゴリラポッドもどきはさすがに脚の強度が強くないため、ぶら下がるなどの活用が良いかなと。キッチンにある柱的なところからぶら下げてみました。

これもなかなか使える方法です。見やすい位置でレシピや動画を見ながら料理できますね。頻繁な取り付け外しでどこまで持つのかがこれからの検証によってわかってくると思います。

ゴリラポッドもどき(類似品)のコスパ

ゴリラポッド風のこの商品は700円くらい(楽天ポイントで購入)でしたのでまだ許せる範囲かなと。トータルのコスパ的には、1年持てば良いのではないかと。でも重いスマホだと支えるのが結構厳しく、iPhone 8くらいの重さがちょうど良くて、せいぜい250gくらいまでのスマホだと使えるイメージです。

耐久度チェックをしながら活用しましたが、スマホを掴む部分のラバーが5回目くらいで剥がれかけきました。恐らく横幅がちょっと広めな6.4インチくらいのOPPO Reno Aだと大きいのかもしれません(現在のスマホはこれくらいの大きさが普通ですが)

あとは足の部分は下手な曲げ方をすると、すぽっと抜けてしまうことがありますね。その場合、はめ直せば戻ります。とりあえずは慎重に扱って行くことが大切ですね。

追記

その後数ヶ月使用したのですが、足の部分の強度が弱くて数ヶ所がゆるゆるになってきました。その部分だけ取り外して使っていましたが(徐々に短くなる)最終的にはウェブカメラを別途購入するなどしたため1年以内で役目を終えました…

気軽に簡単な三脚として利用されるには良いと思いますが、100均でも似たような物が出回っているのでそちらで十分かもしれませんね。

QooQ