「Blogger」でアフィリエイトは可能?ASPで確実に収益化を図るための手順

2020/06/09

Blogger ホームページ作成

t f B! P L

「Blogger」は無料ブログとしてかなり使い心地が良く、メモ感覚でスマホでもさくさく記入でき、目障りな広告が入ることもないので、とりあえずブログを始めるには最適かと思われます。でも日本ではなぜか人気がありません。

このマイナーだけど実は良質な無料ブログサービスのBloggerでアフィリエイトはどこまで可能なのでしょうか?

「Blogger」を使って確実に収益化まで持っていくまでの手順もご紹介します。

Bloggerでアフィリエイトはできるの?

Google Adsence(アドセンス)について

Bloggerでアフィリエイトは可能です。ただ、BloggerではGoogle AdSenseをメインで扱って欲しい感じは出ています。Google AdSenseは、一定の場所に広告を貼り付けると読者の興味のある分野をそれまでの検索結果から割り出して自動的に広告を表示させる仕組みになっています。

Bloggerは無料ブログサービスで唯一、独自ドメインを取得しなくても完全に無料でGoogle AdSenseを利用することができます。むしろ無料のドメイン「~blogspot.com」でアドセンスを使用するための設定方法は非常に手軽です。(もちろん審査はあります)

他のASPサービスについて

Google AdSenseではブログ運営サイドに対して「広告をクリックしてくれた件数」×「単価:数十円くらい」が報酬として入ってきます。

でも、アフィリエイトで一番儲かるのはASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)の使用でしょう。

Google AdSenseよりも1件の単価が桁違いだからです。正直Google  AdSenseでは何万PVでようやく数千円となるような世界ですが、ASPの高単価な案件では1件で数千円〜数万円というものも存在しま。そして、Amazonアソシエイトなどの物販系のアフィリエイトも、物によっては儲かります。

それで、アフィリエイトを行うなら、他の有名どころASPやAmazonアソシエイトなどを使えるかどうかが気になります。

BloggerではASPでのアフィリエイトも可能

この「Blogger」は大手Googleが運営しているため、実際にはあらゆることが可能なブログであるといえます。非常に自由度が高いのも特徴の一つです。利用の規約にもアフィリエイトが禁止とは記載されていません。

Googleの広告以外の広告を表示させることもについてはAdSenseヘルプ「AdSenseと他の広告ネットワークを併用する」に次のように書かれています。

アフィリエイト リンクや制限付きのテキスト リンクは一緒にご利用いただけます。お客様のページに既に広告ネットワークによって Google の広告が表示されている場合も、AdSense プログラムに参加して広告を掲載することができます。

このように、Google AdSense以外の広告についても併用可能であるということがしっかり明記されています。

BloggerでASPを使って収益化を図る手順

ASPに登録する

当たり前の話なのですが、ASPを用いたアフィリエイトのためにはまずASPに登録することから始めないといけません。

A8.net」や「バリューコマース」「もしもアフィリエイトafb」などが特に有名です。面倒なのですがそれらのサイトから登録することが第一段階です。

とりあえずBloggerで収益化を目指すために「A8.net」と「もしもアフィリエイト」には何も考えずに登録しましょう。

これらのASPには「セルフバック」というお得なサービス付きですので登録しておいて損はないです。←(セルフバックとは自分でサービスに申し込んで収益を得られるという仕組みのことです)

たくさんのASPに登録する理由

なぜいくつもASPに登録しないといけないのかというと…単純に一つだけでは十分な案件がないからです

「A8.net」には無かったけど「もしもアフィリエイト」にはある。というような案件がたくさんあってそれぞれのサイトを探し回って自分の紹介したいアフィリエイトを見つける必要があります。

これも正直面倒に感じることがあるかもしれませんが、ASPの性質上そうなっているため仕方ない部分はあります。

掲載したいサービスに提携申請を行う

ASPに登録したら、自分の興味のある紹介できるサービスに提携の申請を行います。基本的にはどのASPでもあまり変わらず掲載したいプログラムを検索して「提携申請」を行います。ただし…

提携申請する前に10記事くらい書いておく

これは私の経験上の話ですが、ブログを始めてすぐにASPに登録して即「提携申請」していくと「審査」がある場合、ことごとく落とされることが結構ありました。

そしてなぜか、一度落とされると同一アカウントで再審査してもらえないASPがあります(バリューコマースやafbなど)。これは後々致命的な事態につながりかねません。←(私のことです)

そのため提携前に提携しようとしているサービスのジャンルの記事を10くらいを目安に書いておくことをおすすめします。そうすれば「審査」で落とされる可能性は下がり、後で後悔することもないでしょう…。

ちなみに「即時提携」や「審査なし」となっているASPは問題なくどんどん申請してしまってOKです。

ASPの広告をBloggerに貼り付ける

ASPでの登録が済んだら、Blogger上でアフィリエイトのバナーやテキストを貼り付けます。これにはHTMLでの編集が必要となります。WordPressのような「カスタムHTML」や、ものによっては本文にそのまま貼り付けてもいけるような追加方法ではないです。

具体的には、HTML編集画面(HTMLビュー)にて、コード文に直接アフィリエイトのHTMLを貼り付けるという方法となります。この方法がBloggerの使いにくさ、というか慣れないといけないポイントとなります。

HTMLではコードがずらっと並ぶので、それを見るだけで禁断症状が出るという方もおられるかもしれません(アフィリエイトの多くはHTMLで記載されています)が、慣れの問題なので、ASP広告を張っていきたい場所に気にせずに貼り付けていきましょう。

実際にアフィリエイトの商品リンクを挿入してみる

例えば「もしもアフィリエイト」のAmazon・楽天市場・Yahooショッピングへのリンクを簡単に作ることのできる「かんたんリンク」からHTMLコードを貼り付けてみます。

もしもアフィリエイトの「かんたんリンク」は非常に使いやすいのでとてもおすすめですね。(Amazonのみ審査があります)

HTMLコードにアフィリエイトリンクを貼り付ける
ずらりと並ぶコード上にリンクを貼り付ける

このリンクはちょっとCSSをいじっていてボタンデザインなどの見た目を変えています。

もちろん画像のみや、テキストリンクのみ貼り付けるということも可能です。バナー系の広告はアドセンスがあるのでそちらに任せる(?)として物販系の画像や、テキストリンクを中心に貼っていくのがおすすめです。

もちろんWordPressでの操作と比べると、コードが並んでいるところに挿入しなければならない難しさはあります。それでもコードを見ていてHTMLやCSSを学べる機会にもなるかもしれません(積極的に考えれば…)。

張り付けた後にしっかりと広告が機能しているかを実際にクリックしてみてチェックすることをおすすめします。

そのほか「カエレバ」などのデザイン変更や先ほどの、もしもアフィリエイトの「かんたんリンク」のCSSカスタマイズについては次の記事も参考にされてくださいね。

※注意点

私の経験上の注意点として他社ASPを使用する前にGoogle AdSense(アドセンス)の審査を通過しておくほうがいいです。もちろん「アドセンスなど関係ない」のでしたら問題ないですが「Blogger」の利点は無料でもGoogle AdSenseが使えることです。 

そして、他のアフィリエイトを貼り付けるほどアドセンスに通りにくくなります。それで、まずアドセンスを通過してから他のアフィリエイトに手を出していくのが個人的には良いと思います。(他のASPがあっても通過できないわけではありません)

「Google AdSense」との闘い。何で落とされたの?審査に通るために行った対策

Bloggerでのアフィリエイトまとめ

これまで考えたように、無料ブログのBloggerでもアフィリエイトをかなり自由に行えるということがわかりました。Google AdSenseに加えて、Amazonアソシエイトや他のASPなども利用して収益を得ることが可能です。

実際にリンクを挿入する方法はHTMLコードを見ながらになるため多少慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、完全無料でもここまで可能なブログサービスはほぼBloggerだけなので、とても貴重な存在と言えるでしょう。

アフィリエイトやそのほかの違いなどについてはBloggerとWordPressの比較記事も参考にされてみてください。

QooQ