郵便局の格安スマホ?MVNOと端末の解説とネット申し込みとの比較

2020/06/12

スマホ 格安スマホ

t f B! P L

郵便局で最近になって売り出されている格安スマホが存在します。どの格安スマホ事業者が何の端末を売っているのでしょうか?郵便局ならではのサポートについても取り上げます。

郵便局でスマホは買えません

個人向けモバイルサービスとSIMロックフリー端末をセットにしたIIJmioの格安スマホの斡旋販売の開始(日本郵便株式会社のプレスリリース.2016年7月5日)

郵便局でチラシを発見してどんな携帯が売られているのかと思い、 調べてみるとどうやら郵便局でのスマホの販売はしていないです。

実は2016年から売られています。斡旋(あっせん)販売ということは郵便局で格安スマホを紹介してくれているということですね。 2017年には全都道府県20,077局においての取扱いを開始し、現在に至ります。

購入方法

IIJmio申し込み用紙

1.郵便局店頭に設置したカタログを入手する。

2.電話もしくは付属のハガキ(上の写真)で「申込書」を請求。

3.申込書一式が郵送で届いたら、記入して返送。

4.設定済のスマートフォンがゆうパックで届く。

手順は以上です。郵便局でもらえるのはカタログだけです。ただ、その後送られてくる申込書に記入して郵送してしまえば、設定までしてくれた端末が「ゆうパック」で送られてきて電源を入れれば使えるというのはさすが郵便局のスマホ。やっぱりいろんな設定が面倒ですので…

唯一の端末AQUOS sence 2と格安スマホ事業者のIIJ mioについて

郵便局が扱うのだから機種はしっかりしているはず。はたしてどんなユーザーを対象にしているのでしょうか。

端末はSHARPのAQUOS sense2 SH-M08 というモデルです。(以前は富士通 arrows M03というモデルを販売していました)

打ち出されている金額は月々2,430円(税抜き)となかなか安いです。

端末代が月に830円(税抜 24回払い)トータル19,920円。一括購入だと19800円で少しお安くなりますね。通信代が月に1,600円(税抜)高速データ通信3GB。

通話料金は30秒10円(みおふぉんアプリ使用)で、細かな字で通話定額オプションもありとあります。

・誰とでも3分 家族と10分  月額600円(税抜)
・誰とでも10分 家族と30分 月額830円(税抜)

以上のような料金設定の「みおふぉんダイヤル」を使ったプランも選択可能です。

誰とでも3分 家族と10分 の通話定額プランをプラスしても端末込みで月々3,030円(税抜)というのはなかなかお手頃です。

ちなみに初回のみ、初期費用が3000円(税抜)とSIMカード発行手数料394円(税抜)も発生します。

提供しているのは、株式会社インターネットイニシアティブから個人向けに展開している IIJmio(アイアイジェイミオ)ですね。かなり信頼の置ける会社が提携しています。 正確には、IIJmioモバイルサービス「ミニマムスタートプラン」の音声通話機能付きSIM(みおふぉん)を用いているわけですね。

シャープのアクオス sense2 SH-M08 という機種について

AQUOS sense2 全体の様子

扱っている唯一の端末であるシャープ AQUOS sense2 SH-M08はどのようなスマートフォンでしょうか。

発売日:2018年12月27日
サイズ: 約71(幅)×148(高さ)×8.4(厚さ)mm、重量約155g
その他:5,5インチフルHD IGZOディスプレイ、android8.1、Snapdragon450 1.8GHzオクタコア、 メインメモリは3GB、ストレージが32GB、防水・防塵(IPX5、IP6X)、お財布ケータイ機能搭載。

とはいえ、郵便局で申し込まれる方にそんなにスペックを気にされる方はおられないかもしれません。

どちらかと言えば郵便局のパンフレットで推していたのは、簡単モード・シンプルホームへの切り替えが可能な点。やはりターゲットは高齢の方にしているようです。

またアクオス sense2 SH-M08の使いこなしガイドもついてくるというサービス付き。

そして潔くほかの端末は一切売ることなく、この一台にかけているところも、わかりやすくていいですね。 さらに詳しくこの端末について知りたい方はこちら

郵便局ならではの売りは何か。サポートは充実?

郵便局専用コールセンターが用意されており、スマートフォン初心者や高齢者の方でも容易に格安スマホをご利用いただけるようになります。(IIJプレスリリース.2016年7月5日)

IIJのプレスリリースを見ますと、郵便局専用コールセンターまで用意しています。

フリーダイヤル:0120-304-417(9時から17時年中無休)

郵便局がバックについてくれていてサポートしてくれるのは、特に高齢者などに向けてかなり安心度が高くなっています。

さらに2020年9月30日までの申し込みで限定特典付(選べる国産和牛カタログ)もついているとのこと。スマホ+国産和牛というのは斬新ですね

IIJmioが郵便局で扱う端末をネットで買った場合

ここまで郵便局でもらえる申込書を使ってIIJmioの格安スマホを手に入れる方法を解説してきましたが、インターネットでも申し込みを行えます。むしろそっちが通常のパターンです。郵便局とネットでの申し込みを比較してみましょう。

シャープ アクオス sence2 の端末代を比較

AQUOS sence2 を郵便局からの申し込み場合、端末代が月に830円(税抜 24回払い)トータル19,920円。一括購払い19800円です。

これはAmazonの金額などをみますと非常に妥当な金額なのですが…IIJmioにてオンラインで申し込むと若干安くつく場合があります(キャンペーンの状況で値段は変動し、そろそろラインナップからも抜けそうです)

とはいえ、郵便局での場合は申込書に記入すれば登録済みのものが届く&郵便局専用ダイヤルも用意されている安心感もありますね。

郵便局からの申し込みではなくネットで申し込む方法

郵便局では一択でしたが、ネットからの購入では端末もいろいろ選べます。端末はセールとなっている製品が狙い目ですね。ただ、在庫切れも多いです。iPhoneを選ぶ場合はすべて中古品となります。

さらに、IIJmioでは通信不能時間をあまり作らずにMNP(乗り換え)できる「おうちでナンバーポータビリティ」に対応しているのも良い点です。

申し込みの手順

ネットからの申し込みに必要なものは以下のものです。

  • 契約者本人のクレジットカード
  • 本人確認書類
  • MNP予約番号(乗り換えの場合)
  • キャリア以外のメールアドレス

MNP予約番号は現在使われている携帯会社からもらう必要があります。方法は各社違いますがIIJmioの「乗り換えガイド」がわかりやすいです。このガイドに沿って行えば開通までスムーズにすすめるはずです。

開通手続きはIIJmioオンデマンド開通センター(0120-711-122 年中無休 9:00~19:00)に使用中の端末や固定電話、家族の携帯などで電話する必要があります。

MNPの処理が終了するまで数時間かかります。MNP完了すれば元の回線は使えなくなり、IIJmioのスマホが晴れて使えるようになります。

郵便局の格安スマホまとめ

郵便局がスマホを作ったり売ったりということは無いですが、信頼できる格安スマホ事業者(MVNO)のIIJmioから「国産」シャープ製のスマホが提供されていることがわかりました。 申込書で行うのも面倒がなく、郵便局専用コールセンターというサポートもあり、高齢者やスマホ初心者の方には良いなと思えるプランです。

ネットで申し込めるなら価格的には安くなり端末も選べるため、その手間をかけられる方にはおすすめです。また、IIJmioは最近ではeSIMなどのサービスも始めており、新たなジャンルにも向かっていく姿勢もありますね。

QooQ