カラフルボックスで取得した独自ドメインとWordPressを「Blogger」へ移行する手順

2020/06/21

Blogger ホームページ作成

t f B! P L

カラフルボックスのWordPressと独自ドメインをBloggerに移行した流れを覚書きとして書き残しておきます。

WordPressのバックアップと移管

まずは作成していたWordPressをバックアップします。WordPressには「テーマ」「プラグイン」「メディア」「データベース」という構成でなっているため、それぞれのバックアップを取ります。

バックアップ方法はいくつかあり、プラグインを用いる方法(All-In -One WP Migration Extensionなど)が一番簡単で、ほとんど苦労なくWordPress全体のバックアップを作成できます。次回も同じプラグインを用いてインポートすることができます。

ほかにも、FTPソフトと呼ばれるサーバーにアクセスするソフトによって「wp-content」内のプラグイン、テーマ、画像・メディアなどのバックアップ、これに加えてWordPressの「エクスポート機能」を用いて投稿、固定ページ等のバックアップを行えます。

WordPressからBloggerへファイル形式の変換

参考にさせていただいた記事がみっけさんWordpress.comからBloggerに引っ越す方法です。とても参考になりました、ありがとうございます。ただし、こちらで紹介されている変換ツールを使用する場合には、自分のWordPress上の情報が渡る可能性もありますので、この辺りは自己判断でお願いします。

WordPressからエクスポート

WordPressの管理メニュー「ツール」から「エクスポート」を選び、xmlファイルをダウンロードします。このファイルのままではBloggerでインポートできません。

WordPressファイルをいったん「xml」→「Movable Type」へと移行し、再度「Movable Type」→「xml」へと変換することでBloggerでインポートできるファイルとなります。私は使用しませんでしたが「はてなブログ」経由での移管も可能のようです。

Bloggerにてインポート

ファイル形式を変更できたら、Bloggerでインポートを行います。「設定」の「コンテンツをインポート」でOKです。この時点で記事をすべて公開にする設定にはしない方が良いです。

私がインポートを行った結果、画像データがなくなっていたり、改行などが異様に多いという状態になったため、すべての記事を修正する必要が生じました。記事数の多い場合はかなり大変な作業となると思われます。

URLのリダイレクト設定

私は完全に忘れていたのですが、WordPressの記事からのリダイレクト設定を行うことにより、SEO的にも元々の記事を受け継ぐことが可能です(同じドメインを使用した場合のみです)。

私自身、今回301リダイレクトを行えたわけではないので下記は調べた方法の一部となります。cPanelにも「ドメイン」の欄にリダイレクトというものが出ていますが、ここから確実にBloggerの新規URLへ飛ばすのは難しそうです。

「.htaccess」を用いた方法

「.htaccess」を用いてリダイレクトさせる方法が他のサーバーでは解説されていることが多いのですが、カラフルボックスではかなり情報不足です。カラフルボックスヘルプの「.htaccessは利用できますか?」から「.htaccessファイル」を開くことまでは可能です。

ファイルマネージャーに入り「public_html」⇒「独自ドメイン」⇒「.htaccess」

カラフルボックスでの「.htaccess」ファイルの見つけ方

cPanelのファイルマネージャーの使用方法は「mixhost」と同様であるため、そちらを参考にできそうです。ここからの手順としては次のようになります。

  • FTPソフトでカラフルボックスサーバーへ接続
  • 上記の「.htaccess」ファイルをダウンロードする
  • 「.htaccess」ファイルにリダイレクトのコードを記載
  • ファイルをサーバーへアップロードする

リダイレクトの記述は「.htaccess」ファイルの一番上に記述するようにという指示があります。その他のコードは絶対にいじらないでください。

「.htaccess」リダイレクトについて【基本Tips】htaccessリダイレクトの書き方(新宿のWEB制作会社イッティ様)がとてもわかりやすく解説してくれています。

プラグインを用いた方法

WordPressではリダイレクトを行うのにわかりやすいプラグインも用意されています。「Redirection」というプラグインがわかりやすくて良さそうなのですが、Google的には「.htaccess」でのリダイレクトを一番推奨しているようです。

カラフルボックスで取得したドメインのDNS設定

カラフルボックスで取得したドメインをBloggerに移管するために「DNS設定」を行います。

▲注意点

DNS設定を行った時点で、WordPressの管理画面に入ることができなくなるためWordPress上で行うべきことは済ませておいてください。特にリダイレクト設定のために、各ドメインのパーマネントを記録しておくなどは重要です(わたし自身、パーマネントをしっかり記録しておらず、後にリダイレクトが行えなかったために、すべての記事が新規での登録となってしまいました)。

Bloggerのサーバー情報を確認する

まず、Bloggerの設定画面の「カスタムドメイン」にて、カラフルボックスの独自ドメインを打ち込むと、次の画面が出てきます。この2つの「CNAME」をカラフルボックスマイページのDNS設定にて使用します。2番目の方はそれぞれ独自のCNAMEとなります。

BloggerにてCNAMEレコードを確認する

カラフルボックスにてDNSレコード設定を行う

次にカラフルボックスのマイページに入ります。メニューの「ドメイン」⇒「DNSの管理」でDNS Managerへ。下記の画面で赤丸の部分をクリックしてレコードセットの管理画面へ入ります。

カラフルボックスでのDNS設定

CNAMEの設定

Googleの「CNAME」設定は2つ行います。先ほどBloggerのカスタムドメイン取得画面で得られたコードです。「レコードを追加」で一つづつ記入してゆきます。

1つ目はネームの欄に「www」、RDATAの欄に「ghs.google.com」を記入。

2つ目はBloggerのカスタムドメイン取得画面の2つ目のコードを記入します。

ネームサーバーの設定はカラフルボックスのまま

※ネームサーバー設定について

ネームサーバーはカラフルボックス設定をそのまま利用します。NS(ネームサーバー)の欄はそのままでOKです。

カラフルボックスのサーバー設定の削除

これまで契約中のカラフルボックスサーバーのIPアドレスを削除します。画面で黒く塗りつぶしていてわかりずらいのですが、これまで使用していたIPアドレスを消去し、GoogleのIPアドレスを残すという作業になります。

カラフルボックスのサーバー設定を消去する

その他の設定

「Aレコード」の設定

「Aレコード」についてもGoogleのコードを4つ記入します。レコード設定の詳細についてはBloggerヘルプ カスタムドメインを設定するを参照してください。

Google Search Consoleの「TXTレコード」の設定

サーチコンソールの設定のためにもDNSのTXTレコード設定が必要です(必須ではありません)。これによりドメイン取得権を証明することができます。

Google Search Consoleにて選択しているドメインをクリックして「プロパティの追加」でご自身の独自ドメイン名「example.com」(wwwなどのサブドメインを入れない)を入力すると表示されるコードです。このコードを「レコード追加」にて「TXT」タイプで記入します。

AレコードとTXTレコードの設定

上記がカラフルボックスの独自ドメインをBloggerで使用するための最終的なDNS設定画面です。ここまでの設定でカラフルボックスのサーバーと、独自ドメインをBloggerへ移管する作業は完了です。

TXTレコードの設定が確実に行われているか、Googleサーチコンソールにて「DNSレコードでのドメイン取得権の確認」を行いましょう。

カラフルボックスでのWordPressのアンインストール

最後にカラフルボックスにインストールしてあるWordPressをアンインストールします。(データを消去する必要がなければそのまま残しておいても大丈夫です)この作業は301リダイレクト設定や、Bloggerでの記事編集などがすべて終わった状態で行うことをお勧めします。むしろGoogleのインデックスの期間などもありますので、WordPressのアンインストールはしばらく後の方が良いです。

カラフルボックスの「cPanel」にて、WordPressを選択します。

カラフルボックスのcPanelを操作

アンインストールするWordPressを選びます。間違えないように注意してください。(再度バックアップの確認もお願いします)

カラフルボックスのWordPressを削除する

以上の手順を踏んでカラフルボックスからBloggerへの移管を行いました。「301リダイレクト」については「.htaccess」での設定がベストですが、カラフルボックスで行うには情報が少なく、かなり難解です。「.htaccess」について情報を集め設定を行うしかないです。

リダイレクトの設定を行わなかった場合、移管した記事は全て新規での登録となってしまいます。私の場合は記事数も少なく、ほとんど問題がなかったのですが、できる限り行えると良いはずです。リダイレクト設定については私も勉強中です。

QooQ