「Blogger」でのブログ作成「WordPress」との徹底比較

2020/06/09

Blogger ホームページ作成

t f B! P L

今回はGoogleが提供している「Brogger」という無料ブログを、ブログ界では最も使用率の高いWordPressと比較していきます。個人的にWordPressでしばらくブログ記事を書いていて、無料のブログサイトでもどこまでのことが可能なのか気になり、いろいろな角度から比較してみたいと思います。

BloggerとWordPressの比較

BloggerをWordPressと比較してみると、簡単に言えば構成の自由度が劣るくらいかなと思います。でも、細かなことをしようとしなければBloggerでも十分という具合でしょうか。ここからBloggerとWordPressで、いくつかの点を比較してみます。

料金について

  WordPressBlogger
ドメイン代
月100円〜0円
 サーバー代月500円〜0円
テーマ 無料~1万円以上 無料~数千円

料金で比べると、WordPressではサーバー代と独自ドメインを取得した場合はその料金、そして有料テーマも購入した場合はその金額も上乗せされてきます。

Bloggerはそれらが全て無料です(探すと有料テーマはあり)。独自ドメインを使用する場合は年間1,500円程度かかります。これらを考えてみても、圧倒的にBloggerのお得感を感じます。なにせ基本無料ですからね。

導入の難易度について

BloggerはGoogleアカウントさえあればものの数分で作れてしまいます。Blogger公式サイトから「ブログの作成」→「アカウントの選択」→「タイトルとドメインを決める」まですすめるともう書き始められます。

WordPressではそうはいきません。まず、数あるレンタルサーバーから一つを選びWordPressを導入します。(最近では簡単にWordPressが入るように作られているサーバーがほとんどです)そして独自ドメインも取得して、レンタルサーバーとWordPressに紐付けする必要があります。これらの作業には、最初はかなり時間がかかります

操作感について

Bloggerの操作感

Bloggerの使用感はほぼGmailでメールを書いているかのようで、全体的にGmailでの操作ができればほぼわかるはずです。さすがのGoogle、本当にシンプルでわかりやすい構成になっています。

画像もすごく簡単に入りますし、サイズの自動調整も行ってくれるため、極端にページが重くなることもないです。細かいことをそんなにしないというのであれば十分という感じ。

ただ、Bloggerは文字の装飾がちょっと怪しいところがある感じがします。←これもGmailと似ているような気がします。フォントの設定は細かくできず、サイズも4パターンくらいしか選べません。

あとは、スマホでの記事を書く時の操作感は若干微妙です。Androidとの相性かもしれませんが、ちょっと画面下にある文字をいじろうとするとキーボードが邪魔で出来ないなど。

WordPressの操作感

WordPressの操作感はかなりしっかりしています。各段落をブロックごとに編集できたり、文字の装飾も細かく設定可能です。

導入するテーマにもよりますが、下線の引き方や吹き出しの挿入、Twitterなどの外部リンクの挿入などもスムーズかつ綺麗に行えます。スマホでの操作も快適です。

プラグインを使えばさらに様々な編集やページ作成が非常に簡単にできてしまいます。HTMLなどコードの並びを見る必要はほとんどないままに良い感じのサイトを完成させられます。

テーマについて

導入できるテーマについては正直、WordPressに敵うことは無いです。特に言い方は悪いですが、Bloggerでの初期のテーマはほとんど使い物にならない感じです。(おそらく海外での利用者に向けているため日本に合うようなデザインが少なく感じます)そして、日本でBloggerを使用している総数が少なく、あまり凝ったデザインが日本版で出ていないというのが現状です。

WordPressでは、テーマの種類によるところも大きいですが様々な加工が簡単に行えるため、自分の思い描くブログや、ポータルサイトを作り上げることが可能です。有料テーマも数多く、本格的なサイトを目指すならやはりWordPressに行きつくでしょう。

セキュリティに関して

Bloggerではサーバー関係からすべてGoogleが管理をしてくれているため、心配することはないでしょう。Googleのサーバーがダウンするとなれば、ほぼどんなサーバーでも終了するレベルの災害かサイバー攻撃か何かです。

サイト自体も独自ドメインを用いてもSSL化(httpsで始まるドメイン)が無料で行えるようになり、セキュリティ的にもSEO的にも向上しています。

WordPressの場合はセキュリティ面でも自分自身での対応が求められてきます。自分で選択したレンタルサーバーの信頼性も試されますし、サーバートラブル時などのためにバックアップをしっかり作成しておくというようなことも求められてきます。(バックアップはどのブログサービスでも大切ですが)

この辺りは借りているサーバーの対応次第というところもありますが、何か起きた場合、自分で動いて対処するというのが前提となってきます。また、プラグインを多く入れるほどそれらのアップデートも行う必要があり、そのあたりで不具合が生じることもたびたびあります。

アプリについて

実はBloggerにもWordPressにも、スマホ用のアプリが用意されています。

Bloggerは公式にはAndroid用のみです。(やっぱりGoogleだけありますね)しかし使いやすいかと言えば、シンプルなのは良いですが、出来る事が限られ過ぎていてほぼ使う気になりませんでした。

WordPressのアプリはAndroid、iPhone用共に用意されていて、使い勝手も良いです。力の入り方が違うという印象を受けます。

ただ、どちらもブラウザで操作しても十分使えるので、アプリを入れる必要性はそこまで無いかもしれません。

Bloggerの良いところまとめ

1.無料

これは凄いと思います。正直なんで無料で普通にブログがここまでできるのかが謎です。(やっぱりGoogle凄いわ)

無料なのに、広告が勝手に入らないのがまた驚きです。他の無料ブログ「はてなブログ」などでは有料プランにしなければ、入れたくない広告がサクサク入ってしまいます。これらが全くない。サイトの一番下に「Powered by Blogger.」と小さく入るくらいでしょうか。これが可能なのは、本家Googleならではなのかもしれません。

2.やろうと思えば意外といろいろできる

正直無料ブログなので、わざわざお金をかけて作ったWordPressでのサイトとは比べ物にならないはずだと思っていたのは何だったのか。

このサイトで使わせていただいている無料のテーマ「QooQ」はホントにWordPressでのテーマに匹敵するクオリティなのが驚きです。

現状でこの「QooQ」(クーク)という無料テーマがおそらく日本でBloggerを使われる場合、一番使いやすいテーマと思われます。(個人的な感想です)

WordPressの有料ブログと勝負するためのBloggerカスタマイズについては次の記事をご覧ください。さまざまなHTMLの編集コードなどをお借りしつつ良い具合のサイトに仕上げるためのリンク集となっています。

Bloggerを用いてアフィリエイトを行うこともできます。この点の詳細については次の記事で説明しています。

3.表示速度が早い

SEOにも関係のあるWebページの表示速度ですが、Bloggerは相当早いです。WordPressの場合、選んだレンタルサーバーの性能やテーマ、自分で行った設定などの影響を受けます。お金を払ってしっかりしたサーバーをレンタルし、動作の軽いテーマを使い、画像を軽くするためのプラグインなどを導入して表示を高速にしてゆく感じです。

そう考えると、Bloggerは無料なのになぜこれほどスピードが出るのかが謎です。Googleのサーバーって一体何を使っているのか?という疑問が消えません。

WordPressの良いところまとめ

1.自由

WordPressの最大の利点はすべてが自由であるということでしょう。お金を払ってサーバーを借りて、独自のドメインも取っているのでサイトをどんな形にしても、アフィリエイトを全力で行ってもなんの問題もありません。それは当然の権利として可能なのです。

2.発展性が高く簡単

WordPressでは、こんな風にしたいなという願いをプラグインやテーマの機能で簡単にかなえてくれます。Bloggerでは、これがしたいけどHTML編集が難しすぎて無理だ...ということはないです。どんな風にサイトを発展させて行くにもそのためのツールがだいたいあり、多くの利用者がいるため、レビューや改善方法についての情報に事欠くこともありません。

3.常に新鮮

WordPressではアップデートがとても頻繁に行われます。(これがいろいろと面倒なこともありますが)そのたびに、より精錬されたインターフェースや機能が追加されて最新のブログ構成を楽しむことができます。スマホ用アプリの完成度の高さなども、WordPressが人気である故でしょう。

ちなみにBloggerでは何年もメジャーなアップデートがないということも多いです。

Bloggerがおすすめな人

無料ブログBloggerがおすすめなのは…

  • とりあえずブログ作成を体験したい方
  • 広告が入るのが許せない方
  • 実はCSSなどに詳しい方
  • Googleが好きな方

Bloggerを使ってブログを始める場合、最初は形はどうあれブログというものを作成するという方には向きます。タダでスタートできるのでもちろんそうです。そして、無料ブログだけど広告が入ってほしくないという場合にもBloggerという選択肢となるはずです。

加えてHTMLやCSSのカスタマイズが好きでWebページの加工くらいならどうということの無い方もかなりおすすめです。無料かつ自由度も高いのがBloggerの特徴で、やろうと思えば意外となんでもできる、そんなブログサービスです。

そして、Googleが好きかどうか。これはGoogleという会社自体が好きかどうかというよりも、Googleの考え方、つまりブログはアフィリエイトではなく、コンテンツが最も重視されるということに一定の理解がある方にはおすすめできます。内容の薄いアフィリエイトサイトの例としてGoogleは常々言うのです。

  • 商品アフィリエイト リンクを含むページで、商品の説明とレビューを元の販売者から直接コピーし、独自のコンテンツや付加価値を加えることなくそのまま掲載しているもの。
  • サイトの大部分がアフィリエーションで構成され、独自のコンテンツやユーザーへの付加価値がごくわずかしか含まれていない商品アフィリエーションのページ。(Google Search Console ヘルプ アフィリエイトプログラム より引用)

Googleではアフィリエイトサイトについてこのような考えが根底にあり、Google Adsenceについても広告はGoogleが用意するからあなたは書くことに集中してくださいということを言いたいのです。

WordPressがおすすめな人

有料でスタートさせるWordPressがおすすめなのは…

  • 真剣に本格的なブログをスタートさせたい方
  • ブログの内容ももちろん、外観などにも凝りたい方
  • アフィリエイトを徹底的に行いたい方

WordPressの利点はその自由度の高さにあるのは言うまでもありません。お金と時間をかければどんなサイトにすることも可能です。ブログという枠では収まらず、企業のホームページやECサイトなど、あらゆるジャンルのウェブサイトを構築可能なのがWordPressです。

それゆえにも、レンタルサーバーから始まりドメインを取得、そしてテーマにもこだわるなら有料の物を導入することになるでしょう。それらは上記に挙げたような、徹底的なアフィリエイトのための土台作りや、自分好みのサイトを形作るための投資ということになります。

そして、本格的なサイトにより成果を上げて収入を得るということをメインでお考えなら、迷わずにレンタルサーバーを借りてWordPressでのホームページ作成を行いましょう。無料のGoogleに縛られたBloggerでは正直限界があります(もちろん収益を得ることが不可能ではありません)。

それで、確実に稼ぐのであれば、WordPressで凝ったサイトを作り、何にも縛られず自由にアフィリエーションを行うのが良いです。WordPressでのサイト作成を考えておられるなら、まだ新参ですが「カラフルボックス」というサーバーを推しています。次の記事で詳細を書いています。

無料ブログも種類が多い中で「はてなブログ」も有名どころであり、利点も多いです。特にWordPressもBloggerも最初は読者がほぼ無い状態で戦うことになります。

しかし、日本のサービスである「はてなブログ」などは少なくともコミュニティ内での読者がつく可能性が高く、モチベーションは保ちやすいです。次の記事でWordPressとの比較を行いました。

まとめ

Googleが提供する無料ブログサービスのBloggerと、有料で最も有名なブログサービスであるWordPressを比較してみました。この記事はWordPressではなく、Bloggerで書きました。私としてはWordPressも好きですが、Bloggerでも必要十分な機能と性能を持っていると感じています。

もちろん、WordPressではサイトを自分の好みに合うよう完璧にコントロールでき、アフィリエイトにおいても自由に綺麗に行えるのはとても魅力的です。どちらからスタートするも、ご自身の目指すべきところで決まると思いますし、どちらも共におすすめできるサービスであると言えるでしょう。

QooQ