はてなブログ(無料)vs WordPress(有料)どちらからブログをスタートさせるべき?

2020/06/12

ホームページ作成

t f B! P L

私はブログをスタートさせるのに、カラフルボックスというレンタルサーバーを使ってWordPressにて書きはじめました。いわゆる「有料ブログ」です。でも、無料で手軽にブログを書けるサービスもたくさんあります。では、ブログをスタートさせるのに一番良いのは無料なのか有料なのかを考えます。

無料ブログについて

現在利用可能な無料ブログの一部を並べてみたいと思います。

  • はてなブログ
  • Amebaブログ
  • ライブドアブログ
  • FC2ブログ
  • Seesaaブログ
  • エキサイトブログ
  • Blogger
  • note

ざっと並べてみてもかなりの数があります。流石に全て試してみる時間はないので、「はてなブログ」を例に無料ブログをレビューしたいと思います。

無料版の「はてなブログ」を実際に試す

無料で比較的有名な「はてなブログ」を使用してみます。登録も非常に簡単です。(どちらかというと無料から始めて、その後WordPressに行くのが普通なのかもしれませんが私の場合は逆でした)

はてなブログでは「Googleアカウント」で認識できるためGoogleアカウントさえあれば、あとはIDとパスワードのみで作成できます。そのままブログ作成に進んでいけばすぐに書き始めることができます。

無料版はてなブログでできることの一部

  • 見出しを作ったり、簡単な文字の装飾
  • 画像やYouTube、Twitterなどの挿入
  • Amazonや楽天の商品の紹介(アフィリエイトではない)
  • 引用文や過去記事の貼り付けなど
  • アフィリエイトも一部可能

無料でも正直かなりのことが可能です。普通に「ブログ」として出来ると良いなと思うことはほぼ可能という具合でしょうか。ひとつ、はてなブログとWordPressとの決定的違いと感じるのは操作画面です。

はてなブログとWordPressの操作感の違いについて

はてなブログの実際の操作画面
はてなブログ操作画面

はてなブログはシンプルで使いやすいインターフェースとなっています。ただ、文字の装飾や画像などがコードの形で書かれるため、直感的に操作するのは少し難しく感じます。これは慣れの問題だとは思いますが。ちなみにWordPressでは以下のような操作画面です。

WordPressの実際の操作画面
WordPressの操作画面

WordPress(バージョン5.3.3)では編集中の画面の見え方がわかりやすく、直感的に操作できます。繰り返しますが、これは慣れの問題です。プレビューで見て実際の投稿がどう表示されるかを確認するのはどちらも同じです。むしろ、はてなブログくらいシンプルな方が好みと言われる方もおられるでしょう。

はてなブログとWordPressの操作感の比較を行いましたが、ここからは無料ブログと有料ブログそれぞれのメリット、デメリットについて取り上げてゆきます。

無料ブログのメリット、デメリット

メリット

メリットはなんと言っても無料で気軽に始められる点です。自分でやってみてわかりましたが、とても簡単です。無料ブログを始めるのは、スマホを契約するより遥かに簡単ですね。

さらに、最初から読者が付きやすいという性質もあります。はてなブログの場合は「はてなブックマーク」という機能も加えて一定の読者がすでに存在するコミュニティが出来上がっていることが一つの要因となっています。

デメリット

逆に無料ブログのデメリットは、カスタマイズなどに限界があるという点です。無料版のはてなブログでも、WordPressと比べると出来ることは限られています。

文章を書く、画像を入れる、商品の紹介などは可能ですし、一応アフィリエイトをすることも可能とはなっていますが、大抵の場合しっかり規約があります。しかし、文字を細かく装飾したり、サイト全体を自由にカスタマイズすることは難しいです。

また、運営しているサービスによっては突如自分で書いたブログが消去されたりすることもあるようです。これは、かなりのデメリットです。正直何時間もかけて書いた記事が消されるのは許しがたいことです。(はてなブログでもいろいろな原因で消されます。わたしもバックアップがてら、WordPressからはてなブログに記事をたくさんインポートしたら全記事消されていました。バックアップなので正規のブログは残っていたので良かったのですが…)

このあたりはブログの運営サイドの問題であったり、有料版であれば自動バックアップがあるなどのサービスが受けられるという具合ですね。また、独自ドメインが取得可能なサービスを選ぶことも一つの手です。独自ドメインでサイトを運営していれば今後で無料ブログサービスが終了しても、ドメインパワーを引き継いだ引っ越しが可能です。

無料ブログは自分の資産にはならないことも付け加えておかないといけません。無料で書いたブログというのはその大元のサイトの記事となり、資産となるのです。これが無料である理由と言っても良いですね。

記事を維持するには必ずサーバー代などがかかってきてるわけですので、それを補うという意味で無料で書いてくれた記事を押収しているようなイメージです(少々言い方は悪いですが)。この点も独自ドメインが使えるかどうかが関わってくる部分です。

無料ブログでは広告が大きく出るものが多いというのもデメリットとなります。特にスマホでサイトを見るときに目立つ広告が勝手に入るのはちょっと嫌な気持ちになります。でも、サービスによっては無料でも広告が出ないものもあります。

Googleの無料ブログ「Blogger」

Bloggerは無料にもかかわらず広告がでません。独自ドメインも使用できるなど、有利な要素も多かったので私も気に入って使うようになりました。(カスタマイズは難しいですが)

有料ブログ(WordPress)について

有料でのブログ作成には先程の無料版のはてなのように数分でスタートすることはできません。(慣れれば簡単ではあります)

WordPressを用いてのブログ作り方と費用

ブログを有料で作り始めるなら、ほぼWordPressとなります。ですがその前に、まずはレンタルサーバーと契約する必要があります。

多くのブロガーさんが愛用されているのが有名な「エックスサーバー」です。エックスサーバーは本当にたくさんの方が使っていています。レンタルサーバー代はだいたい月額1,000円~くらいですのでやはり少々値は張りますね。そしてドメイン代が別途、年額1,000円〜かかってきます。

それでも、他のサーバーで比較的安いプランでスタートさせれば月額500円程度からWordPressを使った本格的なサイトを作ることが可能です。

有料ブログ(WordPress)のメリットとデメリット

メリット

有料ブログのメリットはなんと言ってもその自由度の高さです。WordPressを使ってブログを作成すれば、あらゆることが可能です。ほぼ無制限に何でもできます。それゆえにSEO(検索エンジン最適化)を行い易く、最終的に検索上位に入りやすくなります。

また、自分で選んだ広告以外は生じないことも利点です。はてなブログでも他の無料ブログでもほとんどの場合は自分では制御できない広告が載ってしまい、それにより読者が離れていくリスクがありますが、有料のWordPressを用いたサイトであればそのようなことは生じません。自分でコントロールしたその通りに広告が出ますし、もちろん全く広告をつけないことも可能です。

そして書いた記事は全て自分の資産になります。個人的にブログを始める前にクラウドワークスなどで半年ほどライターの仕事をしていました。その時にも感じたことですが、たとえ1記事で10,000円近くもらえたとしても、その記事は自分の物とはならず、その所有権は雇ってくれたサイトのものになります。これは当然のことでしたが、私は数時間かけて作った記事が今後生み出すであろう可能性と、それを手放すもったいなさを強く感じていました。それでこのブログを作成したというのも理由としてあります。

無料のブログではこれとほぼ同じようなことが生じます。もちろん私がライターとして書いていたのは仕事でしたので割り切っていた部分もありますが、ある意味日記として書いたような記事であってもそれに自分の所有権がほぼないというのはデメリットというか少し寂しく感じる点です。この辺りの感じ方はみなさん異なると思いますのでこれくらいにしますが、とにかく独自ドメインのWordPressなどで作った有料サイトはあなたの資産になる、という大きなメリットがあるのは間違いありません。

デメリット

有料ブログのデメリットとしては先ほども触れましたが、維持費がそれなりにかかることです。月に1,000円ほどは見ておく必要があるでしょう。また、運営も自分自身で行わなければならないという手間もあります。WordPress自体のアップデートや、プラグインのアップデートなどの様々な維持管理を自分で行う必要があるのです。(とはいってもそれほど大変なことはありませんが)

そして最初のうちはほとんど誰にも読まれない時期が続くことがほとんどであるという事もデメリットの一つです。これは本当に孤独との戦いになります。

わたしもブログを始めてみて、多くのブログが数年も持たずに消滅していく理由が良くわかりました。数年と言わず、数か月の間で諦めが入ることがほとんどでしょう。それほどに、スタート時点でのPV数や収益は無に等しいものです。この期間で諦めずに続くかどうかが大きな分かれ目となるでしょう。

無料と有料どちらからスタートするのが良いか

日記として書く程度なら無料ブログ

無料ブログのデメリットで考えた点ですが、可能性として低いとしてももしかするとブログ自体が消されてしまうリスクもあるということを考えても、本腰を入れて書くのは避けた方が無難でしょう。趣味としてのブログで何か書きたい方、アフィリエイトなどで真剣に稼ごうとされるわけではない方は無料のブログで十分におすすめできます。たとえアフィリエイトができたとしても、大規模に行うには無料ブログでは心許ないです。

はてなブログについての追記

「はてなブログ」であれば無料版から始め、さらに本格的に書いていこうと思われたなら有料の「はてなブログPro」へ登録することも可能です。はてなブログProは2年コースなら月額600円(一括14,400円)で高機能が手に入ります。ただし、独自ドメインは別で取得する必要があるため、さらに別途月に100円前後の出費となります。

アフィリエイトをするなら有料ブログ

アフィリエイトをしっかり行うならやはり有料の、WordPressを用いたブログが最適でしょう。やはりそもそも無料版ではアフィリエイトが許されていないものも多く、制限がかかりますし、自由度が無い以上、集客もそこまで見込めないのが正直なところです。有料で独自ドメインがあればGoogleアドセンスにも通りやすいため、広告収入を得やすい土台が築きやすく、自由度の高いアフィリエイトのほうが効率的です。

とりあえず登録しておいて間違いないアフィリエイトサイトは、A8.netという老舗のサイトと、もしもアフィリエイトという、Amazonや楽天市場などと提携可能な使いやすいサイトです。

ただ、最初からこれらのサイトでアフィリエイトを始めるよりも、まずはGoogleアドセンスを通過してからほかのアフィリエイトに手を出していくのが順番としては良いかなと感じます。明確ではありませんが、Googleアドセンス審査時に他のアフィリエイトが張ってあると通りにくいという事例が多いためです。(多少他のアフィリエイトリンクがあっても通りはします)

いずれ本格的なサイトを目指すなら有料

最初は無料で試してから有料にというような考えももちろん良いと思いますが、個人的にはWordPressにしっかり慣れることができるという点も最初から有料ブログでスタートさせていく利点といえると感じます。

WordPressを用いられるというのは様々なウェブ関係の仕事に有利に働く面もあるため、無料期間のあるレンタルサーバーで試しにWordPressを使ってみるのも良い手段だと思います。また、一度無料ブログでたくさん記事を書いた後で他のサーバーに移行するのも大変な作業となるというのも理由の一つです。

無料期間を使ってWordPressに慣れる方法

個人的にしばらくの間、カラフルボックスというレンタルサーバーを用いていました。最初の30日間が無料体験することができ、WordPressも無料で比較的簡単に導入可能です。最初にもらえる無料のドメインもあるため「完全に無料でWordPressにて本格的にブログ作成を1ヶ月間行う」ことができます。

これは私もカラフルボックスを選んだ理由の一つです。本当に0円でスタート可能です。そして無料期間を過ぎたら独自ドメインを取得して、そこに作ったサイトを移動することが可能ですし、30日以内でやめることももちろんできます。

30日間も無料期間のあるレンタルサーバーはほとんどなく(10日というのが多いです)しかも充実したバックアップや、SSDによる高速な動きなど快適です。カラフルボックスは2018年にサービスをスタートした新しいレンタルサーバーですが、個人的にはかなりおすすめです。レンタルサーバー業界ではエックスサーバーが強すぎるという中で健闘していますよ。

QooQ