「MOFT X」激薄なスマホスタンド兼ホルダーをレビュー【多機能でおしゃれ】

2020/12/09

スマホ タブレット 周辺機器

「MOFT X」というスマホスタンドを購入しまして使い心地などをレビューしてまいります。おしゃれかつ機能的なデザイン、良いですね。

MOFTってなに?

MOFTという製品はそもそもはPCスタンドが始まりで、超薄型の折りたたみ可能なおしゃれスタンドのことです。特にApple製品と相性が良いところもまたブランドイメージが美しいですよね。

「MOFT」というのは「Mobile Office for Travellers」の略だそうで「旅行者のためのモバイルオフィス」という意味になるようです。

より軽く、より速く、よりシンプルという思想で製品を作っているというブランドです。

MOFT Xのメリット

MOFT XはMOFTのスマホ版ということで、スマホスタンド&バンカーリング&カードケースを兼ねるという多機能かつ、超薄型の設計になっているのが特徴です。

そのMOFT Xのメリットをいくつか挙げていきたいと思います。

薄い

非常に薄い造りをしているのが特徴

はじめにMOFT Xを触って思うのはその薄さですね。公式では4.7mmとなっていますが、それ以上の薄さを感じます。

重量も29gととても軽いので、スマホに付けていても存在感をほとんど感じさせないです。

本体サイズは64×105×4.7mmとなっています。

カードが入れれる

カードを2枚入れてみた

カードが入るのも特徴のひとつです。公式ではスキミング防止のカードケースとなっていて、防犯にも効果があります。

カードは最大3枚まで入りますが、実用では2枚くらいが限度のように感じます。

その状態でもNFC機能(Apple PayやGoogle Pay)などは使えますし、免許証とクレジットカード1枚入れておけばとりあえずはスマホのみで行動できるかなと感じました。

バンカーリング的にも使える

MOFT Xを組み立てた状態

MOFT Xを組み立てた状態で指を通せばバンカーリングのようにも使用可能です。

指にフィットする感じはあまりないですが、スマホのサイズが大きくなっているので、ひっかけて使えるというメリットは大きいですね。

どこでもスマホを安定して立てれる

スマホにMOFT Xをつけて立たせた図

これまでずっと、アルミのスマホスタンドを机に置いてそれを使ってスマホを立てていたのですが、MOFT Xはどこにでも縦でも横でも置いておくことができます。

安定性もかなり高く、立てたままの操作も十分可能ですね。

ちなみにスタンドモードにして縦に置いたときの角度は60°に調整されています。横に倒した場合は40°です。

付属のマグネットでスマホをどこにでも貼れる

MOFT Xと付属のマグネット

耐荷重500gという強力磁石のおかげでどこにでもスマホを取り付けられるマグネットが付属しています。

車やキッチン、さらに防水スマホならお風呂などにマグネットを3M製両面テープで貼って、そこにぴたっとくっつけることができます。

MOFT Xのデメリット

引き出すのが難しめ

どうもこれは慣れの問題だと思いますが、ペタッとくっついている状態から磁力に勝って引き出すのが難しく感じます。

全体的に磁力強めですので安定感もあるんですが、慣れないとちょっと動かし辛いかな、と思いますね。

剥がすのが結構怖い

スマホからMOFT Xを力づくで剥がす
スマホから剥がすのがちょっと怖い

これは頻繁に行うことではないのでそこまでデメリットではないのですが、スマホに貼ったMOFT Xを剥がす時にも相当力がいります。

そしてMOFT Xを相当曲げながら剥がすことになるので痛めそうな気がします。けどもとりあえず大丈夫そうです、造りがしっかりしてますね。

実際にスマホにつける

大体iPhoneにつけるのが通常のようで、iPhone 8以上の大きさならちょうど良く貼り付きます。

ちなみに私の愛機OPPO Reno Aにクリアカバーをつけた状態で貼ってみました。

スマホに張り付けて縦に立てた
RenoAのカバー付きでもいい具合にフィット

これでもだいぶいい感じです。素晴らしく薄く作られていて主張しないデザインがナイスです。

スマホに張り付けて横にした
そのまま横向きにして置けるデザインセンスは凄い

横に倒しての使用も安定感抜群ですね、Reno Aが使い古されているのは日々仕事で酷使しているからです…

サイズとしては恐らくiPhone 8やSE2への取り付けがギリギリとなると思います。

iPhone8に装着した
iPhone 8のカバー付きに取り付けた

これ以上小さいスマホではMOFT Xの方がはみ出してしまうため、よろしくないでしょう。

Amazon Kindle Paperwhiteにつける

スマホにピッタリなのはよくわかったので、また別の端末に付けてみることに。

今うちにある小さめな端末がKindleのPaperwhite(第7世代)のみだったのでとりあえずつけてみました。

kindle paperwhiteに張り付けてみた
サイズ的にちょっと小さいけれどkindleでもいい感じ

MOFT Xには3サイズ用意されています。

  • スマホ用(4.7インチから対応)
  • ミニタブレット用(7~8インチくらいに対応)
  • タブレット用(9.7インチ以上に対応)

というように分けられています。それでも小さいKindle PaperWhiteならこのスマホ用がちょうど良く感じますね。

kindleでもちょうど良い感じ
kindleに付けて立ててみた

6インチのkindle Paperwhiteにもいい具合にフィットします。そのままスタンドモードで縦に立てたまま机に置きっぱなしにして本を読めます。

MOFT Xで自立しているkindle
ホワイトアウト状態のkindle

kindle Paperwhiteの第7世代は下部の形状がフラットではないのでちょっとグラつきますが、とりあえず置いておくには十分ですね。60°の角度は絶妙に良いです。

7インチ以上のサイズならタブレット用が合う

そして、恐らく7インチより大きいサイズの場合はタブレット用のMOFT Xを購入した方が無難ですね。


MOFT X タブレットmini タブレットスタンド 7.9インチクラス
 

7.9インチクラス用、つまりiPad mini用というイメージですね。そうはいってもアンドロイド端末などでも8インチくらいのモデルが良い具合にフィットする大きさです。

さらに大きなサイズなら9.7インチ以上用モデルが良いですね。どちらもAmazonでの値段は3,000円程度ですね。

タブレット用のMOFT Xは角度調整が細かく行えるようになっていて、縦置きでは25°・40°・60°で変更可能。横置きでは30°・40°・60°という調整ができます。

据え置きタイプのスタンド

MOFT Xは直接スマホに取り付けますが、据え置きタイプのアルミ製スマホ・タブレットスタンドもなかなか使えるので、こちらもおすすめです。

高さ調整が欲しい場合にはこのタイプがいいですね。スタンドを折りたたんで持ち歩けるタイプが多いです。

MOFT Xレビューのまとめ

MOFT Xはなかなか優秀なスマホスタンド兼ホルダーです。造りもとてもしっかりしていてデザインも抜群に良いので、多用途で使いやすいと思います。

これからしばらく使い込んでいった具合もレビューしていきたいと思います。MOFTの製品はデザイン抜群なので大切に使いたくなります。

QooQ