古いiPadやAndroidにも使えるKINGONEのタッチペン【多機種に使えるけどクセはある】

2021/05/26

周辺機器 中華製品

古いiPad(iPad第5世代以前やiPad miniの2,3,4など)はApplePencilに対応していないので、ペン入力は諦めていました。

しかし、いろいろと検索していくとKINGONEという中華メーカーがほぼ全機種対応のスタイラスペンを出していました。

今回は使ってみると少し癖のあるKINGONEのスマホ・タブレット対応タッチペンをiPad専用スタイラスペンと比較しつつ細かくレビューしてみます。

KINGONEのタッチペンの詳細

KINGONE製タッチペンのケースとペン本体

KINGONE製のスマホタッチペンはApple Pencilのような外観をしていますが、いわゆる普通のタッチペンです。

ただし、充電式となっていてペン先が細いので、細かな文字を書く際にも使いやすい仕様となっています。Amazonで2,500円程度で購入できます。

付属品

KINGONE製タッチペンの付属品

ペン以外の付属品は以下の通りでした。

  • 充電用のUSB-A to USB-Cケーブル
  • 替え芯 3つ
  • 誤タッチ防止用の手袋
  • 取扱説明書(英語&日本語)

正直、替え芯が3つもありますがそこまで減ることはなさそうです。ありがたいですけどね。

KINGONE製タッチペンのメリット


KINGONEスタイラスペン iPad/スマホ/タブレット対応 たっちぺん 磁気吸着機能対応

対応機種が豊富

KINGONEのスマホタッチペンのメリットは多くの機種に対応している点です。Apple Pencil非対応の古いiPadにも使えます。

公式に書かれている対応機種は、iPad、iPhone、その他のAndroidスマホやタブレットなどほとんどの機種を網羅しているとのことです。

同じくKINGONE製の「iPad専用」スタイラスペンでは2018年以降のiPadでしか反応しません。また、本家Apple Pencilは世代ごとに対応機種が異なります。

そのように考えると、ほとんどの端末でペアリング無しで利用できるこのKINGONE製タッチペンは複数の端末をお持ちの場合には使い勝手が良いです。

操作が簡単

スイッチが入るとランプが青く光る

使い方も簡単で、タッチペン上部を軽くタップするだけでスイッチがONになり、USB-C端子の下にあるランプが青く光ります。

これだけで基本的にほとんどの端末で、指でタップするのと同じ操作を行うことができ、細いペン先で比較的細かな作業もしやすくなります。

Bluetoothでの接続なども全く不要なのでとても手軽なタッチペンです。

第2世代Apple Pencilと似ていて質感が良い

KINGONEタッチペンの全体

よくあるタッチペンは先端がゴムのものや、繊維でできているものが多いですが、KINGONE製のものは第2世代のApple Pencilを意識(ほぼ一致)しています。

そのため、全体の質感も高くて握りやすいです。重量は実測で13gで第2世代Apple Pencilの約20gよりも軽く、取り回しもいいです。

また、ペン先もApple Pencilと同じ素材を使っているようです。そのため、Apple Pencilとほぼ同じ書き味を体感できます。(少し気になる点は後ほど取り上げます)

充電がUSB-Cでできる

USB-C端子での充電ができる

Apple Pencilでは第1世代がライトニング端子、第2世代では無線での充電となっていますが、このKINGONE製タッチペンはUSB-Cでの充電となっています。

無印iPadやiPhoneではライトニング端子がまだ使われていますが、最新のiPad ProやAirはUSB-Cでの充電となっているので互換性が高いです。

ちなみに短いUSB-A to USB-Cケーブルだけが付属しており、充電器は別途用意する必要があります。

1.5時間でフル充電で、20時間の継続利用が可能というのが公式で言われています。記載は無いですが恐らく、5W程度での充電と思われます。

試しに45Wまで対応の急速充電器で充電してみましたが、変に発熱したりすることなくゆっくりと充電されていきました。

磁気吸着機能付き

iPad miniにも付けておける
iPad mini3にもそれなりにくっつく

これは第2世代Apple Pencilと同じ機能で、本体に磁石が入っていてiPadの側面に貼り付けられます。試してみるとカバー無しの無印iPadやiPad miniにも取り付けることができました。

もちろん新型のiPad ProやAirでは、角張ったサイドにしっかりと取り付けられます。

ただし、第2世代Apple PencilのようなiPadに付けておくだけで充電できるような仕組みはありません。

この磁石はなかなか強力で、冷蔵庫にもカチッと付きます。もしもペンとして使わなくなったら通常のマグネットとしても利用できますね。(約2,000円の磁石)

クセありポイント

感度はほどほど

手持ちのiPad専用ペン(Apple Pencilの互換品)と比べてしまうと、書き味はそこまで良くないです。

使われている仕組みがそもそも違うのが原因となっているようなので、設定を変更してもそこまで改善はありません。

利用用途は、短い注釈を入れたり、マーカーで線を書くことなどに限ったほうがストレスにならなくていいでしょう。

長文を書いたり、細かな絵を書こうと思うならiPadではApple Pencilやその類似品、その他のタブレットでは対応する専用ペン(あればですが)を使うことをおすすめします。

機種を選ぶ

KINGONEのタッチペンは他機種に対応すると書かれていますが、実際に使用してみるとしっかり使えるものとそうでないものに分かれてきます。

私の手持ち端末のiPad第6世代(ペーパーライクフィルム有り)とAndroidのAQUOS sense4(フィルム無し)、iPhone8(ガラスフィルム有り)では問題なく入力できました。

ただ、古いiPad mini3ではメモ帳アプリですら反応が少々悪く、長文や細かな文字を書くのは難しいです。端末のタッチパネルの劣化や処理性能なども関係しているかもしれません。

また、WindowsのLenovo YOGA710ではほとんど反応してくれませんでした。こちらもタッチパネルに問題がある可能性があります。

もう一台のWindows機、ASUS T304TA(タブレットPC)でも書き味はよくなかったです。もしかするとWindowsとの相性は良くないのかもしれません。

フィルムがあると大きくずれる

フィルム有りのスマホでのズレ
フィルムがあるとかなりズレる場合がある

AQUOS sense4にてGoogle Keepアプリで、ガラスフィルム有りと無しで書き比べてみましたが、明らかにフィルムがあると書き込む位置がずれてしまいます。

同様にiPhoneやiPadもフィルムの種類によってはズレが出やすい特徴があるようです。iPhone8でもガラスフィルムがあると多少ズレました。

これは静電容量式という普通のタッチ機構を使っているから生じているものと思われます。フィルム無しで使うならペン先に追従してくれるので比較的使いやすく感じます。

ただ、フィルムを貼らないでスマホを使われる方は少ないかと思うので、この点は大きなデメリットとなるかもしれません。

パームリジェクション機能がない

パームリジェクション機能が無いと誤タッチが起きやすい

Apple Pencilやその互換品では、ペン先以外が誤タッチされることが無い機能であるパームリジェクション機能が搭載されています。

この便利機能はKINGONEタッチペンでは搭載されておらず、手のひらが触れるとそちらも反応してしまいます。

そのため、大画面のタブレット端末にはあまり向いていない印象で、スマホやiPad miniくらいの大きさの端末に書き込むのが使いやすいです。

一応付属品に手袋がついていて、それを付けて書けば誤タッチはしにくくなりますが毎回書くたびに手袋をつけるのは手間ですよね。

iPad専用スタイラスペンとの違い

スタイラスペンには大きく分けて2種類あり、iPad専用のものと今回購入した他機種に対応したモデルです。(他にもSurface用のペンなどもあります)

ちなみにKINGONE製のiPad用のスタイラスペンも販売されています。本製品よりも500〜1,000円ほど高いです。

また、同じくiPad用のペンとしてmpioというこれまた中華メーカーのスタイラスペンもすでにレビューしています。

このmpio製のiPad専用スタイラスペンと、KINGONE製の多機種対応ペンの違いをしっかりと解説していきます。

mpioとKINGONEのケースはほぼ一緒
ケースはほとんど一緒

ちなみにKINGONEのタッチペンとmpioのスタイラスペンは送られてきたケースがほぼ一緒でした。

恐らくですが、Apple Pencilの互換品として出回っている類似する商品のほとんどがこのケースに入っているので、生産している場所もほぼ同じなのでしょう。

対応機種について

まず、大きな違いである対応機種です。KINGONEのスマホタッチペンは互換性が高く、iPadやiPhone、Android端末などにも対応します。

iPad専用スタイラスペンの場合は、ほとんどの商品が2018年以降に発売のApple Pencil対応iPadのみの対応となっています。

そのため、それ以外の端末には全く反応しません。動画にもしてみました。ちなみに使用しているのは純正のメモ帳アプリです。

mpioペンはiPad専用なので、iPad mini3には書けないのがわかると思います。


反応速度や精度の違い

KINGONEのタッチペンは端末にもよりますが、追従性が思った通りというわけではありません。機種によっては指で書いたほうが反応が良い場合もあるほどです。

iPad専用スタイラスペンではApple Pencilと遜色ない反応速度と精度で文字を入力できます。動画で見てもらうと少し伝わるかと思います。

実際にはかなり使用感に違いがあり、iPad専用スタイラスを使うとAppleのメモアプリの線の細さも自動で変わり、より細い線を書くことができます。

パームリジェクション機能の有無

KINGONEスマホタッチペンは静電容量方式が採用されていて、つまりは普通のタッチと変わらないのです。

それゆえにパームリジェクション機能という、ペン先以外のタッチを無効にしてくれる機能は付いていません。

iPad専用スタイラスペンの場合にはパームリジェクション機能が搭載されていることがほとんどで、とても使いやすいです。

ダイソーの100均ペンと比較してみる

100均のディスクタイプペンと並べた

値段がぜんぜん違うのですが、ダイソーで売られていたディスクタイプのタッチペンとKINGONEのタッチペンの書き味を比較してみました。

2,000円程度する充電式のKINGONEタッチペンのほうが圧倒的に書き味が良いと信じていたのですが…。

100均のタッチペンで書いてみる

100均のディスクタイプのタッチペンは結構精度が高く、ペン先の中心に線が書かれます。結構ペンを傾けていっても問題ないです。

もちろん電池も使いませんし、すべての機種で利用できます。100均って凄い。

KINGONEペンと100均タッチペンのペン先

ただ、ペン全体やペン先の質感はKINGONE製のタッチペンの方が明らかに優れていて、替え芯もあるので長く使えます。

逆に100均のディスクの付け根部分に強度に問題がありそうで、そこまで長く持たないであろうと思われます。100均なので買い換えれば済む話ですが。

まとめ

KINGONEスマホタッチペンは対応機種の多さが最大のメリットで、端末を選ばずに使うことができて便利です。

ただ、iPad専用スタイラスペンなどと比べると精度や書き味は劣るので、長文を書いたり細かな絵を描くことには向いていません。

古いiPadやAndroidタブレットなどの用に、PDFへの簡単な注釈やマーキングなどの用途でならおすすめできる品です。

逆に、しっかりとノートをとったり絵を描く用途であればiPad専用のスタイラスペンをおすすめします。KINGONEからも出ています。

iPad専用スタイラスペンはApple Pencilと大差のない書き心地なので、2018年以降発売のiPadを使われているならこちらが良いです。

Apple Pencilの類似品はかなりの種類が出回っているので、しっかりチェックして用途に合わせてのチョイスすることが大切ですね。

また、最低限の利用のためなら100均のタッチペンでも十分な可能性もあることがわかりました。少しでも参考になると嬉しいです。

追記

その後、なぜこのKINGONE製のタッチペンのAmazonでのレビュー評価があまりにも高かったのか理由がわかりました。

Amazonレビュー5でギフト券がもらえるというチケット

以前にも似たような製品があったのですが、今回は約1週間後に謎の招待状という形でAmazonレビューで高評価してくださいのチケットが送られてきました。

なるほど、どおりで…

しかもこのハズレなし福引についていたQRコードを読み込んでいくと、その先での連絡先がKINGONEではなくjamjakeのアドレスになっています。

似たような製品を出しているKINGONEとjamjake。この2社はつながっているようですね。まあどこも同じような製品を販売しているので気にしないことにします。

価格は安いですが、それなりの製品であり、Amazonレビューも操作されています。もちろんわたしは星5評価にはできないのでこの招待は辞退しました。

QooQ