無印iPadはコスパ最強?【Air・Pro・miniとの比較や2in1 PCとして使えるかなど】

2021/03/30

iPad PC タブレット

iPadは今や「無印」「mini」「Air」「Pro」と種類がたくさん出ています。

今回は「iPadはとりあえず無印を選んでおけば良いのではないか」という結論に至るまでの考察をお伝えします。

無印iPadがどれほど使い物になるのか、2in1PCとしても使えるのかなどを検証していきます。

無印iPadがコスパ最強である理由

第6世代iPadの背面

私は現在、Macbook Proのサブ機として無印iPadの第6世代を使っていて、これで十分に満足しています。

ここからは、第5〜8世代の無印モデル全般を考慮に入れて、どれを買うか迷ったらとりあえず無印iPadを選ぶべき理由を解説します。

価格の安さ

無印iPadは第9世代をApple公式で購入すると税込39,800円(容量64GB)とかなりリーズナブルになっています。

ハイスペックなiPad Proでは最低でも約10万円くらいの予算が必要で、Apple PencilやMagic Keyboardなどを追加していくと簡単に15〜20万円の買い物になります。

最近ではM1チップ搭載のMacbook Airが10万円程度から購入可能であり、高価なiPad Proを選択する際には、なぜProが必要なのかを真剣に考えるべきでしょう。

「無印iPad」と「Macbook Air」を買うのと「iPad Pro」と「Magic Keyboard」を買うのと同程度の金額であれば正直、前者を選ぶのが良いように思うのは私だけでしょうか。

※もちろん、最新のiPad Proが非常に高性能で多機能であるため、iPad Proだけで十分という見方もできます。この辺りは使用される用途によるでしょう。

十分な性能

iPad ProやAirの性能が高いのは間違いないですが、普段使いで必要すぎるスペックを無印iPadも持ち合わせています。

現在現役で十分に戦える第5世代〜第8世代までのスペック表を見てみましょう。

iPad第5世代 iPad第6世代 iPad第7世代 iPad第8世代
サイズ(mm) 240✕169.5✕7.5 240✕169.5✕7.5 250.6✕174.1✕7.5 250.6✕174.1✕7.5
重量 Wi-Fi版:469g
Cellular版:478g
Wi-Fi版:469g
Cellular版:478g
Wi-Fi版:483g
Cellular版:493g
Wi-Fi版:490g
Cellular版:495g
ディスプレイ 9.7インチ
2048✕1536px
264ppi
9.7インチ
2048✕1536px
264ppi
10.2インチ
2160✕1620px
264ppi
10.2インチ
2160✕1620px
264ppi
CPU性能 Apple A9
(iPhone6sと同等)
Apple A10
Fusion
(iPhone7と同等)
Apple A10
Fusion
(iPhone7と同等)
Apple A12
Bionic
(iPhoneXSと同等)
メモリ 2GB 2GB 3GB 3GB
その他 Apple Pencil非対応 Apple Pencil
第一世代に対応
Apple Pencil
第一世代と
Smart Keyboard
に対応
Apple Pencil
第一世代と
Smart Keyboard
に対応
発売日 2017年3月 2018年3月 2019年9月 2020年9月

第8世代のiPadはCPU性能が向上しましたが、それ以外は第7世代とほぼ変わりません。

私の使っている第6世代iPadでも動作がもっさりしているということは全く無く、ほとんどの場面で快適に操作可能なスペックです。

第5世代のiPadまでが最新のiPadOSに対応しています。世代が古いほど中古で安く出回りますが、性能やサポートを考えると出来るだけ新しいiPadを狙うのが良いですね。

また、2021年9月末に発売の第9世代iPadは順当に進化してA13 Bionic、容量64GB~、カメラ性能向上という内容で、値段は39,800円〜(税込)とハイコスパです。

Apple Pencilが使える(第6世代以降)

第6世代以降の無印iPadでもApple Pencilを使用できるようになりました。無印iPadは第一世代のApple Pencilのみに対応しています。

書き味にこだわるならiPad Air以上に搭載の「フルラミネーションディスプレイ」搭載モデルが良いですが、普通に使う分には無印iPadで十分です。

ちなみに11インチと第3世代以降の12.9インチiPad Pro、第4世代iPad Airから第二世代Apple Pencilに対応しています。

第二世代のApple Pencilは本体のサイドにくっつけるだけで充電できるようになり、ダブルタップで鉛筆と消しゴムツールの切り替えも可能になりました。

Apple Pencilの第一世代と第二世代には互換性がないため、対応機種を間違えないよう注意が必要です。

どちらにしてもApple Pencilは非常に高額(第1世代でも約1万円)なので、互換品を購入してレビューしてみました。

正直メモ書き程度なら3,000円程度で買える互換品で十分です。無印iPadにはこれくらいがちょうど良いかもしれません。

Smart Keyboardも使える(第7世代以降)

iPadにSmart Keyboardを取り付けたスタイル

Smart Keyboardが通常の「iPad(第7・8・9世代)」でも使用できるようになりました。

それまでよりもサイズが一回り大きくなった(9.7インチ→10.2インチ)のは、Smart Keyboardに対応するためとも言えます。

カバーの代わりともなり、重量は200g程度しかないため持ち歩きには最適で、装着時の重量はほとんどのノートPCより軽量なのでさまざまな場面で役立ちます。

キーの反応は良く、キーピッチも19mmほど取ってあり配列はMacとほぼ同じ、ただしファンクションキーは無く、ストロークは浅いです。

打ち心地はさすがに一般的なキーボードには及びませんが、そこまで超長文を書くのでない限り、出先での使用にはとても便利な一品です。

さらに第7世代以降のiPadで使えるロジクールのCombo TouchというSmart Connectorを用いたキーボードケースも非常に使いやすく、レビューしています。

社外のBluetoothキーボードやマウスも使える

iPadに社外のBluetoothキーボードとマウスを追加

無印iPad第6世代にロジクールK380をBluetooth接続してみました。マウスも同じくロジクールのM590です。

文字入力は十分に快適で、Macと同じキー配列(commandキーやoptionキーの印字がある)のキーボードであればストレス無くタイピングできます。

社外のキーボードを追加する場合には「Mac用キー配列・US配列」のものを選ぶのをおすすめします。いくつかのキー配列が異なり、使いにくくなってしまいます。 

また、ファンクションキーがついている点も大切で「ホームに戻る」や「アプリ一覧を開く」ことが容易になります。

マウス操作はWindowsに慣れていると若干違和感がありますが、十分使えるという印象です。iPadをPCライクに使うための設定方法も記事にしてみました。

iPadでも使いやすいBluetoothキーボードのロジクールK380のレビューもしています。このキーボードはiPadに接続すると英語配列で認識されます。

iPad OSの使い勝手が良い

2019年からiPadはiPhoneのiOSとは異なるiPad OSを搭載するようになりました。これにより、PCのような使い方がしやすくなりました。

基本的な操作はiPhoneと大きく変わりませんが、iPadでのみ利用できる機能がいくつか追加されました。

例えば2画面に分割ができる「Split View」はアプリを同時に動作させ、マルチタスクが行いやすくなりました。

これに近い機能として「Slide Over」は起動しているアプリの上にさらにアプリを重ねて起動できます。

さらに、iPadにマウスをBluetooth接続することができるようになったのもOSのアップデートのおかげです。

iPhoneやMacなどApple製品との相性が抜群に良い

iPadとMacbookを同期させている

Apple製品の特長であり大きなメリットは各端末間での連携のしやすさです。

たとえば、iPad(2018年以降モデル)をMac(2016年以降モデル)のサブディスプレイ兼液晶タブレットとして利用できるSidecarという公式のアプリも強力なツールです。

また、ユニバーサルコントロールというMacとiPadを1組のキーボードとマウス・トラックパッドで操作できる機能も追加されています。

他にも、Macでスクリーンショットを撮ると自動でiPadでも画像が表示され、Apple Pencilなどで編集できたりします。

さらに、iPhoneでコピーした文章を、同じWi-Fi圏内にある同一アカウントのiPadにペーストできるなど多くの連携技術があります。

Appleの技術の結晶とも言える圧倒的なコンビネーションで、iPhone、iPad、Mac、AppleWatchからAirpodsまで、すべてが連携するのは恐ろしさすら感じます。

他のiPadシリーズとの比較

無印iPad(第5〜9世代を想定)と他の新型iPadシリーズを比較してみると、無印iPadで十分だというのがさらに伝わるかと思います。

新型のiPad ProやAirについて

これは製品の立ち位置の問題ですが、iPad Proや最新のiPad AirはかなりMacbookに近づいて来ています。

iPad ProはPCとしてもハイスペックな部類の性能を持ち「Magic Keyboard」を追加すればあらゆることが可能なオールラウンダーになるようにも思います。

そして、利用用途によってはiPad Proだけですべてをこなせるパターンもあるでしょう。特に12.9インチモデルは画面サイズも十分に大きく、効率的な作業がしやすいです。

Magic Keyboardは必要か?

iPadにMagic Keyboardを取り付けた

トラックパッドが付いたMagic Keyboardを使いたい場合は12.9インチiPad Proの第3、第4世代か11インチiPad Proの第1、第2世代またはiPad Airの第4世代以上が必要です。

Magic Keyboardはそれだけで3万円以上する高級品で、iPad Proと合わせると10万円を軽く超えます。

また、重量がかなりあり(12.9インチ用で約680g、11インチ用で約600g)取り付けるとMacbook Air並の重さになります。

値段が高く、タブレットとしての使い勝手は少々低下するMagic Keyboardは、iPadの立ち位置を曖昧にしているように感じます。

iPadはMacbookにはなれない

現状ではiPadはProになってM1チップを搭載してMagic Keyboardが付いても、Macbookにはなれません。

確かにiPad Proは万能な端末に見えますが、MacのようなPC用プログラムのインストール、Officeのフル機能を使うことなどはできません。

また、外部ディスプレイの出力についてもiPadでは3:2のアスペクト比でミラーリング(同じ画面を映す)ことしかできません。

さらに、MacbookとiPadが連携する「Sidecar」や「ユニバーサルコントロール」について考えても2つの端末の役割の違いがわかります。

Sidecarに対応したMacとiPadであれば、Macのサブディスプレイ兼液晶タブレットとしてiPadが機能します。Macが母体となり、iPadはサブなのです。

つまり、MacbookとiPadはしっかりと棲み分けられた機種であり、使用用途に応じて使い分けることが最善、なのではないでしょうか。

iPadは、Macでは不可能な感覚的なタッチ操作、Apple Pencilでの描画、手軽に持ち出せる圧倒的な軽さ、多様なアプリケーションを持っています。

正直、無印iPadでもそれらの機能は十分に発揮できるので「Macbook」+「無印iPad」というチョイスは一つの最適解のように感じます。

※これは個人的な一意見であり「iPad Pro一台ですべてが完結する」という方もおられると思いますし、今後iPadOSがMacOSに近づくと、さらにそうなるはずです。

私もiPad Proを購入して実際に使った結果、ほとんどの作業はiPadでこなすことができ、むしろ簡単なタスクはiPadの方がスピーディーにできることがわかりました。

iPad miniは持ち運びには良い

iPad miniとApple Pencil

私はiPad mini 4を何年も使っていたこともあり、miniの良さはかなり実感しています。

重量300g程度と携帯性がとても良く、電子書籍を読んだり、Apple Pencil(mini 5以降対応)などでメモ書きするのには抜群にちょうど良いです。

ただ、無印iPadよりも2万円ほど値段が高くて純正のキーボードは付けられないという点でコスパは若干悪いです。

とはいえ、とにかく軽くて持ち運びやすいiPadが欲しいなら、iPad miniはもちろん良い選択肢になります。

古いiPad mini2や3はいつまで使えるのかの検証もしてみました。

中古ならiPad Air 第3世代という選択肢も

iPad Air 3の全体
デザインは無印とほとんど変わらないiPad Air 第3世代

現状ではiPad 第9世代のコスパの高さは抜群ですが、中古での購入までを考えるとiPad Ait 第3世代という選択肢もあります。Air 第3世代まではTouch ID搭載で形はほとんど変わりません。

予算が約40,000円くらいだとどっちを選ぶか悩むと思います。新品が良い方は迷うことなく第9世代iPadで問題ないです。

無印 iPad 第9世代 iPad Air 第3世代
ディスプレイサイズ 10.2インチ 10.5インチ
プロセッサー A13Bionic A12Bioinc
フロントカメラ 12MP 7MP
サイズ
250.6×174.1×7.5mm

250.6×174.1×6.1mm
重量 487g 456g
発売日 2021年9月 2019年3月
その他
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング

とりあえずスペック的に異なる部分を表にしてみました。スペックは互角に近いですね。

中古品や整備品まで視野に入れるなら2019年発売のiPad Air 3も選択肢になります。実際にスペック上の違いがどんな差を生むのかを具体的に挙げて行きたいと思います。

搭載プロセッサーは第9世代iPadが新しい

明確に違うのがプロセッサーとディスプレイです。A12BionicからA13Bionicとなった無印iPadですが、速度的には約20%の向上です。

ちなみにA12BionicはiPhone XSなどに搭載されており、A13BionicはiPhone 11に搭載のCPUで、ちょうど1世代分の違いがあります。

正直、体感的にはほとんど変化がないレベルの違いです。重い処理を必要とするときなどに多少の影響を与えてきます。特にグラフィック性能がA13で進歩しています。

少しでも高速な方が良い場合には第9世代iPadになるかもしれませんが、両者にそこまでの違いは無く、ガッツリとiPadを使い込む場合は新型のAirやProを選ぶ方が無難だと思います。

ディスプレイは第3世代iPad Airが勝る

ディスプレイはiPad Air 3の方が高性能です。ガラスの隙間がほぼなくなるフルラミネーションディスプレイと反射防止コーティングは地味に読みやすくなります。

Apple Pencilを使う際にもペン先と画面の差がほとんどなくなるフルラミネーションディスプレイは強みを発揮してくれます。

個人的にはディスプレイの美しさがiPadの魅力だと思っていて、屋外での使用やApple Pencilもよく使う場合にはAir 3のフルラミネーションディスプレイは強みだと感じます。

逆に、室内で動画やWeb閲覧くらいの用途なら、無印iPadのディスプレイでも何も不満は無いと思います。

重量も第3世代iPad Airがちょっと軽くて薄い

さらに、重量はiPad Air 3の方が30gほど軽量であり、厚さは1.4mm薄いです。

重量に関しては約5%の違いであってほとんど誤差の範囲と言っても良いので、そこまで気にならないかなとも思いますが、暑さ7.5→6.1mmという約1.4mm差は意外と違います。

重量差はそこまでなくても、この厚みによって無印iPadはどうしても野暮ったさを感じてしまいます。

無印iPad 第9世代とiPad Air 第3世代での比較をしてみましたが、中古や整備済み品での購入が許容できるならiPad Air 第3世代も確実に選択肢の一つになると感じます。

無印iPadと他のタブレットを比較

さらに無印iPadをAndroidやWindowsなどのタブレットと比較してみましょう。

Androidタブレットと比較

HUAWEIのAndroidタブレット

AppleのiPadのライバルである、GoogleのAndroidタブレットの良さもたくさんあります。

カスタマイズが自由自在で、AndroidスマホやWindowsとの相性が良く、カスタマイズ性はiPadとは比較できないほどいろいろできます。

さらに、価格が安いというのもメリットです。値段だけで見るとiPadの半額くらいでAndroidタブレットが買えます。

iPadの方がOSのサポート期間が長い

iPad、iOSはAndroidと比べて明らかにサポート期間が長いです。ざっくりですが…サポート期間はiPadは5年、Androidは2年くらいというイメージになります。

iOS(iPad OS)はサポートの終了も明確にしてくれています。もちろん、サポートされていれば絶対に安全というわけではありません。

でも、サポート期間の曖昧なAndroidと比較するなら、ハッカーなどに狙われやすいのは古い端末もたくさん出回っているAndroidでしょう。

現在サポートされているiPadを調べるにはこちら⇒サポートされているiPadのモデル

Androidのセキュリティに関して取り上げた記事もあります。もちろんiPadにも関係しているところもありますので参考にされてください。

使い勝手について

使い勝手についてはAndroidがかなりiPadに寄せてきているのそこまで使用感に違いが無くなってきています。

ただ、iPhoneを使われている場合には全く違和感なくiPadも利用でき、強力に連携することも大きなアドバンテージでしょう。

まとめると、OSのサポートの長さや、全体的な完成度の高さはアンドロイドよりもiPadが上だと言えるでしょう。

それで、廉価なAndroidタブレットを購入するなら、プラス1〜2万円出してもiPadを選んだ方が良い場合が多いです。

Chromebookタブレットと比較

最近ではGoogleのChromeOSを搭載した2in1PCやタブレットも登場しています。

ChromebookはGoogleChromeのブラウザ版が動き、端末によってはAndroidアプリも動かすことが可能で、Androidよりもセキュリティ面で強固なのもメリットです。

Chromebookはタブレットとしての完成度で劣る

ChromebookはAndroidタブレットをPC寄りにした端末です。キーボードやマウス等を追加してWindowsPCのように使えるオールラウンダーです。

ただ、タブレットとしてのChromebookはiPadと比べると熟成されていない部分が多く、Androidのアプリもすべてを動かせるというわけではないです。

今のところタブレットとしてはiPadが使いやすいですが、Chromebookタブレットは今後さらに機種が増えていくであろう注目の端末ですね。

Chomebookについての詳細は次の記事を参考にされてください。

Windowsタブレットと比較

Windowsもタブレットとして使えるモデルが多数あり、コンバーチブル型(画面が360度回転するタイプ)やデタッチャブル型(キーボードが外れるタイプ)に分かれます。

Windows搭載なので仕事などにも使えるし、タブレットにもなるということで万能のように感じます。

Windowsもタブレットとしては少し使いづらい

WindowsタブレットはiPadのようにタッチ操作に特化したインターフェースではないので「パソコン作業+α」という感覚で見るのが良いです。

iPadはアプリで動作していますが、Windowsではブラウザ上やインストールしたプログラムで作業するという根本的違いがあるため用途が違うと考える方が良いでしょう。

2in1ノートPCについても詳しくまとめています。

Kindleと比較

Kindle paperwhite

Amazonから発売されているKindleは「Kindle電子書籍リーダー」と「Kindle Fire」という2シリーズが出ています。

どちらも低価格で端末のスペックは高くないため、AmazonのKindle本を読むのがメインの利用方法になるので、iPadとは大きく異なるジャンルのタブレットと言えます。

Kinde Fireタブレットについて

特に「Kindle Fire」はタブレットとしての基本性能が低く、ディスプレイは通常の液晶であるため、個人的にはiPadやAndroidタブレットを買うほうが良いと感じます。

友人の意見でも、低スペックで低価格のグレードは「ほとんど使えないから即売った」(個人的見解)とのことでした。

Google Playも使えない(使う方法は一応あるが…)ため、Amazonの書籍や動画を視聴するという目的限定なら良いかなという端末です。

Kinde(電子書籍リーダー)について

単行本をモノクロで読む限定であればKindeの電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」はおすすめです。(無印Kndleは安価ですが解像度が低いなどのデメリットがあります)

電子書籍リーダーのKindleは「E ink」という特殊なディスプレイで目に優しく、6インチの大きさで約200gと軽量。充電1回で数週間使用できるというバッテリー持ちが魅力です。

実際にKindle Paperwhite(第7世代)を購入レビューしています。読書専用として割り切った使用なら、とてもおすすめできる製品です。

トータルで見てもiPadは強い

ここまでAndroidやChomebookタブレットなどと比較してみましたが、正直タブレットとしての完成度はiPadがトップだと感じます。

しかも、無印のiPadでも他のOSのタブレットを上回る使い勝手や、十分な性能をもっていて、価格も抑えられているため、やはり無印iPadはコスパ最強端末だと思います。

無印iPadの購入方法など

iPadは認定整備済品が安い

iPadは新品の価格がどこで買っても変わらないのが特徴でApple公式ホームページから購入できます。ですが、型落ちモデルなどは整備済製品としてお得に購入できる場合があります。

注意点としては狙ったモデルがいつもあるわけではないということです。

毎回ラインナップが異なるので、低価格でiPadを手に入れたい場合は整備済製品をひたすらチェックするのも一つですね。

AppleCareは加入すべき?

AppleCareはiPadやiPhoneが壊れてしまった時などに即交換してくれる嬉しいサービスです。

ただし、値段が高いです。無印iPadでの加入であれば税込9240円です。この値段(最初の一回)で2年間の保証です。

そして、修理費用がタダになるわけではありません。iPad本体は税込4400円で修理、もしくは交換してくれます。さらに2回までという制限付きです。この辺りはそれぞれの見方次第です。

確かにiPadの修理は非常に高額になりますので、落としやすいな、という方であれば入っていて損は無いかと思われます。

「入らないでも良いよ」という方でも外ではカバーを付けて使用されることを強くおすすめします。

Cellular(セルラー)モデルとは

Cellular(セルラー)モデルと呼ばれるiPadは簡単に言えば、SIMカードを挿して外でもインターネットに繋がるようになるモデルのことです。

ポケットWi-Fiを持っていたり、スマホのテザリング機能が使えるなら、値段の高いセルラーモデルを買わなくとも、Wi-Fiモデルでも十分でしょう。

持ち物を減らしたいなどの理由でどうしてもタブレット単体でインターネットに繋ぎたい場合にはセルラーモデルをチョイスするのが良いでしょう。

容量は32GBで足りる?

無印iPadは第8世代までは、なぜか32GBといきなり飛んで128GB版しかないパターンがほとんどです。

そうは言っても無いものは無いので、選ぶならコスパ的には32GBがやはり一番良いです。写真や動画はクラウドに保存して、重いゲームなどで遊ばない限り32GBで十分です。

私も第6世代iPadですが、32GBで何の不自由もありません。ちなみに最新の第9世代では64GBを選べるようになっているので良いですね。

中古がアリならiPad Air 第3世代も選択肢に入る

すでに論じましたが、中古でOKかつ金額が40,000円を切っていれば、無印iPad 第9世代と並んでiPad Air 第3世代という選択肢は十分にありだと思っています。

私は中古(楽天のとあるショップ)で購入した際にトラブルが生じたので、イオシスさんあたりの、補償(中古でも3ヶ月程度)が付く中古ショップでの購入をおすすめします。

http://iosys.co.jp/ (イオシス公式ページ)

まとめ

ここまで無印iPadを中心にしていろいろと考察してみました。

iPad OSの信頼性の高さやMacやiPhoneなどとの連携の素晴らしさ、価格と性能のバランスなど多くの利点があります。

最新の第9世代はほぼ言うことナシのおすすめ商品になっています。品薄状態が長いのも人気の表れでしょう。Amazonで在庫があるなら恐らく1番早く発送されます。

PCとしての作業をメインで行われるならWindowsやMacが使いやすいですが、タブレットとしての完成度はiPadが圧倒的で、コスパの高さは無印が最強です。

profile

自分の写真
「Blogger」にてガジェット関連の情報を発信するちょっと変な人です。

search

archive

QooQ