格安4Kモニター アグレクション DEED DC-M2804Kのレビュー【4Kで2万円って大丈夫?】

2021/11/15

PC 中華製品

今回、初の4Kディスプレイを買ってみました。しかも28インチで約20,000円で手に入る激安中華製品です。

ざっくりとアグレクションのDEED DC-M2804Kのメリット、デメリットを挙げると次のような感じです。

  • スペックの割に安い
  • 4K 60Hz、HDRやFreeSyncにも対応
  • TN液晶だけど左右の視野角は十分
  • 目に優しい仕様(フリッカーフリー独自調べ)
  • 画面はそれなりだけど全体的にはチープ
  • モニターアームの取り付けは注意必要

ここからしっかりと解説していきます。

DEED DC-M2804Kのメリット

値段が安い

DC-M2804Kの外箱

DC-M2804Kの最大の利点は値段の安さです。4Kディスプレイは徐々に価格が下がって来ているとはいえ、名の知れたメーカー品は3万円くらいが底値です。

しかし、やはり中華製品は強いです。落とせるところでゴリゴリ価格を削ってくれたおかげで約20,000円で買えるところまで来たわけですね。

画質は必要十分

約2万円で4Kというちょっと怖いくらいの値段設定ですが、パネルはTN液晶となっている割に、それなりの色表現をしてくれます。

色の表現をモニターに映した
凄く鮮やかというわけではないけど十分かな

正面からのホワイト画面
正面からなら視野角の狭さは気にならない

TN液晶は視野角が狭いのがデメリットですが、左右方向ではそれほど問題にならないレベルです。上下方向では多少見にくい場合もありますが、極端な角度から見ない限り大丈夫でしょう。

また、4Kで60Hzという動画視聴には十分なリフレッシュレートもあります。FPSを重視するゲームなどで遊ばないなら十分な滑らかさです。

目に優しい設計

意外なのはこの部分で、機能としてブルーライトカットが搭載されています。これは設定を開いてレベルを調整できるようになっています。

また、独自調べになるのですがフリッカー(目には見えない速さのちらつき)も無いようです。(数台のスマホカメラで念入りにチェックしても縞模様はでなかった)

もしかすると、DC-M2804Kの「DC」というのはLEDをDC制御で調光しているという意味なのかと思いました。(実際の意味はわかりません)

ということで確定ではないですが、フリッカーフリーで目に優しいという設計になっていそうです。

HDRやFreeSyncにも対応

格安中華製品で、商品説明もほとんど無いというDC-M2804Kですが、HDRにも対応しています。

HDRはこれまでよりもより色の再現度を上げる技術で、最近のモニターに搭載されている映像技術です。

さらにFreeSyncというAMD開発の動画やゲーム時のフレームレートを最適に調整する技術も搭載しています。

メニューの画面
設定から機能をONにする必要がある

これらの機能に対応した機器と接続して、モニターの設定からONにすることでHDR、FreeSyncに対応可能なのも結構頑張っています。

デメリットや注意点

画面はまあまあだけど全体的にチープな作り

付属の足

これは値段との引き換えになっている部分でしょう。付属のスタンドはネジ1本で組みあがり、本体には刺すだけです。一応、グラついたりはしません。

全体的な作りが安っぽく、最近のベゼルレスなスマートなディスプレイとは一味違います。

ベゼルは結構ある

ベゼルは全周に約1.5cmくらいあります。ちなみに色はブラックだけなので、そこまで野暮ったくはないです。

裏のボタン部分

裏面の作りも粗いです。特にボタンの部分はかなり安っぽい作りです。透明の突起はリモコンの受信部分です。

付属のリモコン

さらに付属のリモコンの感度はあまり良くなく、反応がゆっくりですね。あるだけ良いと考えましょう。

背面にスピーカー穴がある

ディスプレイの裏面左右にスピーカーも搭載されていますが、一応音が鳴る、というレベルですので期待しないほうが良いです。

いろいろ書きましたが、価格を考えれば個人的には全体的に許せる範囲でした。

モニターアーム取り付けの注意点

DC-M2804KはVESA規格(10cm×10cm)に対応しているので、モニターアームの取り付けも可能です。

ただし、取り付け穴がとても浅く(6mmくらいしかない)てちょうど良いビスを買い足すか、ワッシャーやボルトで調整する必要があったりします。

また、VESAマウント取り付け部分がかなり下の方にあるため、モニターアームによっては十分に下がりきらないこともあります。

私のモニターアーム(HUANUOという中華製品)ではどんなに下げても机から10cm以上の位置にしかならなかったので、無理やりシャフトを追加して下げました。

モニターアームを弄って下げる

こんな具合に無理やり下げて、取り付けビスも10mmのステンレスビスにボルトを噛ませてちょうど締めれるように調整しました。

ケーブルとポートに注意

DC-M2804Kでは、HDMI 1ポートとDP端子のみが4Kの60Hzに対応しています。私はHDMIケーブルでの接続しましたが、古い規格のケーブルだったため、後で追加購入しました。

Amazonベーシックの4.6mのHDMI2.0対応ケーブルを選んだのですが、これで4K、60Hzは安定して動作します。

ちなみにケーブル長はHDMIだと5mくらいが限界で、それ以上は信号補償機(ブースターやイコライザーなどと呼ばれる)が必要になったりします。

Amazonベーシックのケーブルは価格的がリーズナブルでレビューもとにかく多いですが、HDRまでの対応は明記されていないです。一応私の環境でHDRもONになってはいます。

格安4Kモニターのためにケーブルで出費を増やすのもあまり意味が無いような気もするので個人的にはこれで十分かなと思いますね。

AmazonベーシックのHDMI2.0ケーブル
4.6mだとケーブルが太い

Amazonベーシック HDMIケーブル (タイプAオス - タイプAオス) HDMI2.0規格

FHDモニターとの違い

FHDモニターと並べてみた

これまで長く使ってきたFHD(1920×1080)の21.5インチiiyamaのProLife E2210HDSと比較してみると1画面での情報量が圧倒的です。

例えば21.5インチのフルHD(1920×1080)モニターで左右にウィンドウを開いた際に、横幅が足りないページが時々あるわけです。

その場合、左右にスクロールしてページを読むか、ページ全体を縮小しないといけません。これは結構手間です。

これが4K(=FHDの約4倍の解像度)なら表示量が激増します。これまでは左右2つのウィンドウが限界でしたが、3つに分割しても余裕をもって閲覧することができます。

DC-M2804Kでは倍率を150%に設定しているため、4Kの実力を完璧には出し切れていないように感じますが、正直十分です。

FHDでの2画面表示
フルHDでの2分割表示
4Kでの2画面表示
4Kでの2分割表示

実際にFHD(100%)の表示量と4K(150%)での表示量を比較してみるとその違いが伝わると思います。

もちろん4Kディスプレイでは表示量が増えると共に、文字の輪郭もくっきりと綺麗に見えるのも利点です。

おそらく32インチクラスの大きさになると4Kでも100%表示で問題ないのでしょうが、我が家では28インチで十分すぎるサイズです。

これまでのFHDモニターと比較すると、150%に拡大したとしても文字の綺麗さ、表示領域の広さなどで確かな優位性を感じます。

まとめ

DC-M2804Kの全体

今まではモニターはFHDで十分と考えていましたが、20インチ以上でモニターを使うなら4Kの選択肢はかなりアリだと感じました。

もちろん25インチ未満でリフレッシュレートの高いモデルでゲームをするというような用途ならFHDモデルが良いパターンもあると思います。

ですが、私のような事務的な利用や動画も多少楽しみたいという方に格安中華製のアグレクション DEED DC-M2804Kはなかなかおすすめのモニターです。

QooQ