アフィリエイトで見えてくるもの、真に正しい情報とは?

2020/05/31

ホームページ作成

t f B! P L

ブログを開設してしばらく。アフィリエイトにもいろいろと手を出してみて、ほかのサイトへの見方もだいぶ変わってきました。今回はアフィリエイトに手を出してみて見えた情報の正しさについて考えたことを書いてゆきます。

アフィリエイトとは?

アフィリエイトというのは、儲けるためにブログなどに広告を掲載して収益を得ることです。ブログ運営にはそれなりのお金がかかり、もちろん収益を出したいと考えるのも普通ですし、このブログもアフィリエイトプログラムに参加して、いくつかの広告を貼っています。

アフィリエイトの形式

このアフィリエイトというのは、広告主がいて初めて成り立ち、掲載する広告があるのでそれを記事に貼り付けるわけです。もちろん一言にアフィリエイトといっても3つの形式があります。

成果報酬型

成果報酬型のアフィリエイトとは、たとえば純粋に買ったり使ったりしてみて個人的におすすめの商品やサービスだから、それをレビューして紹介し、広告として掲載するタイプのビジネスモデルです。

その商品やサービスをそのサイトから購入や契約してくれた場合そこから数パーセント、もしくは定められた額が入ってくるという仕組みです。←正確にはこの成果報酬型報酬のことを「アフィリエイト」と言います。

クリック課金型

Googleアドセンスのような「1クリックでいくら」というタイプのアフィリエイトです。広告を各ページに配置して、たくさんの閲覧者がいる中でその何パーセントかの人たちが広告をクリックしてくれると収入が得られるというパターンです。これは「アドセンス」とひとくくりに呼ばれることが多いです。

固定掲載型

このタイプはかなり特殊で、広告主からのオファーがあり、広告を張り付けるだけで一定の広告料をもらえるというスタイルです。メディアとしての価値がかなり高い必要があり、レベルの高いサイトを作成できなければ発生しないタイプの広告です。

アフィリエイトから見える正しい情報について

それらの点を踏まえてアフィリエイトの報酬、そのジャンルでトップに並ぶ記事についてみていくと、この業界の仕組みが見えてきます。

世の中にはアフィリエイトのための記事も多く存在します。あるジャンルの広告主が高額な報酬をアフィリエイターに支払うような場合、その商品やサービスを徹底的に解説、説明、比較して確実に収益を上げるという手法です。これには大抵企業が絡んできていて、個人のブロガーで勝負することはほぼ不可能という具合の構図が成り立っています。

本気で収益を上げるためのアフィリエイトサイトの記事の場合、儲かるジャンルはいくらでも書き、逆に儲からないなら書かない。そういう理屈になります。

実例

とてもわかりやすかったのは、無料のアプリについての記事をちゃんとした内容(SEO対策と呼ばれる)で書くと、この弱小ブログでもそれなりの検索順位になります。しかし、アフィリエイトが少しでも絡んでくる有料のアプリ、スマホ関係、さらに光回線関係などになってゆくと、どんな記事を書いても全く検索でヒットすることはなくなります。(記事の質が悪いという可能性はもちろんありますが…)

さらなる分析

高額アフィリエイト関係の記事を分析すると、確実に儲かるような仕組みで成り立っていることがわかります。あるジャンルでランキング形式で並んでいて、どのサービスも当然悪いものではなく、ユーザーがどこを契約しても収益が発生するという具合です。

これは高額なアフィリエイト(1契約で数万円など)のジャンルでは顕著に表れてきます。当然それらの記事をまとめているのは企業です。私もクラウドワークス(ネットで様々な仕事を紹介してくれるサイト)などで企業の案件を書いたことがありましたが、それらの案件は確実な方法で収益を上げるように計算しつくしているのが良くわかりました。このようなタイプのサイトには個人で立ち向かおうとは全く思いません。

とはいえ、ここで少し思うことがありました。高額なアフィリエイトが絡む記事であるほど、一定の商品を取り上げてそれを買ってもらえるように誘導しているように感じることが度々あるのです。これも当然と言えば当然です。お金にならない商品やサービスを紹介しても、利益を出す必要がある企業サイトにとっては無益でしかないからです。

ただ、ここで生じうるのは本当にトップ記事で紹介されている一番おすすめの商品があなたにとって最善の選択なのか?ほんとうに正しい情報を掲載しているのか?という疑問です。

もちろん不正確で悪質な情報を載せるなら、そのサイトはいずれペナルティを受けることになるでしょう。ですが、不正確ではないが、最善でもない、儲けるために必要十分な情報を、儲けるために最善の構成で掲載しているというサイトが多いのも事実です。

本当に正しいことは何なのか。このネットの世界で正確な情報を見つけ出すのは難しいことなんだとより実感しています。

正しい情報はどこにある?

では、正しい情報はどうやって探せばいいでしょうか?ネット上で最も信頼できるであろう情報筋は政府や公的機関からの情報でしょう。当然、災害や事件などについての情報は確実な筋から得ることが重要ですし、そうできます。

しかし、このサイトでも扱うような、スマホやWi-Fi関係などについての情報はどうしても儲けようというインセンティブが働いていてしまいます。正しくはありますが、最善の情報なのかどうかはわからない、そしてそれらから最も良い情報を見分けるのが非常に難しい。というのが現状です。それが、メディア(media:もともとの意味は広告媒体)というものの限界でしょう。

正しい情報かを見抜く方法

自分自身でメディアが発信している情報の正しさを見抜く能力として「メディアリテラシー」と呼ばれるものがあります。これにはテレビや新聞、インターネットを使いこなして、情報への主体的かつ批判的な分析をすることが必要になります。

少々ややこしいですが、ある情報について、その背後にどんな根拠があるのかを考え、また様々な角度からその情報について追求してゆくことがメディアリテラシーを磨いていく上で大切です。

たとえばインターネットに契約する際に、どこの回線を使うのが最もお得なのかを調べるとしましょう。はっきり言ってWeb上でネット回線に関するおすすめ記事のほとんどは、いわゆる広告として書いてあるに過ぎないと見て良いでしょう。(ここまで批判的になる必要はないまでも、一つのサイトの情報を鵜呑みにするのは危険ということは忘れないでいただきたいです)

ここで、他のサイトの記事もいくつか読んでみたり、公式のホームページから情報を得てみると、どこも自社のサービスが最も安く「見える」ように工夫されていることがわかります。

広告とはそういうものです。妻がたびたび見ている美容系の記事や動画は特にその良い一例です。どの商品も良い方は悪いですが、ほぼ水なのに一月10,000円くらいで平気で売っています。(妻に怒られそうですが)
その広告はモデルの美しさ、画像の加工、極めて効果があったという「個人の」感想に彩られて、人を惹きつけるようにできています。そして最終的には非常に凝って作られた広告を通して大きな利益が生まれる、ということです。

インターネットに溢れる情報もその多くは個人や企業の利益を目的として作られ、そのような情報があたかも最善に感じさせるだけの力を持っています。ですからインターネット回線を契約するという作業ひとつをとっても非常に高い「メディアリテラシー」が無ければ本当にお得なプランを選択することは困難です。

携帯の契約なども同様です。大手の企業がネット回線、携帯電話、固定電話、光テレビなどなどすべて囲い込んで抜け出せなくさせるように仕組まれているのは明らかです。それで、気づけば毎月の通信費に1万円以上を払っているのは普通であるかのように感じるのです。本当は数千円で済むところをそれほどの額を出していても何も感じさせなくさせているところに、巨大な力が働いている一つの証拠が見て取れます。

話を戻してインターネット回線で最もお得なのはどこですか?

それには「あなたがどこにお住まいなのか、ネットの利用は家族でなのか個人でなのか、利用目的は何がメインで月に使う通信量がどれほどになるか、携帯はどの会社を使っているか、固定電話やテレビはどうするか」といったことをトータルで考えてゆく必要があり、一概に言い切れないのが本当のところです。

でも、これが本当のところつまり、正しい情報なのです。ここからスタートしないといけません。

それで「インターネット回線を家に引く」ということでネットで調べた一番アクセスの多い、トップの記事のおすすめの回線は恐らくあなたにとって本当におすすめではないでしょう。最善の選択を見つけるのはそう容易いことではありません。

それでこのサイトでは予算や目的に合った格安スマホを勧めたり、マイナーですが用途に合えばちょうど良いWi-Fiを紹介したりしているという部分もあります。特に通信費などを節約したいと考えておられる方にしっかりとした情報を届けることができればと思っています。

正しい情報を発信する

ここまでかなり批判的にメディアについての話をしてきましたが、ネットという深い闇の中で、本当のことを追い求めている記事を書いている人ももちろんいます。利益を追求するのではなく、純粋に比較検討し、真におすすめできるものを紹介したり説明してくれているブロガーやサイト管理者の人たちです。

私も個人的にそのようなスタイルを貫いてゆきたいと考えています。もちろん誤りが入ることは先に謝っておきたいですが、確実にその人の益となる、正しくて最善と考えられる情報を提供してゆくことが当ブログの目指しているところです。

アフィリエイトを通して個人的には、ある情報を発信している意図が何かを、良く考えるようになりました。高単価の報酬の商品、サービスを紹介しそれを買ってもらうためにアクセスを集める努力をする。これは悪いことではありませんが、個人的には好きではないです。読者、ユーザーにとって本当に有益な、真におすすめの物や情報を伝えることを今後も続けてゆきたいと思います。

常に正しいこと、真実を求めることが好き、というこの考えに共感して下さる方がおられましたら、何か自由にご意見や所見をいただければと思います。記事へのコメントでも、お問い合わせフォームからでも気軽にコメントくださると嬉しいです。

QooQ