スマホと合わせてできるだけ安くインターネット回線を選ぶ【パターン別】

2020/06/12

Wifi スマホ 節約

t f B! P L

・家でインターネットに繋ぐ時間が長い
・外でインターネットをよく使う
・家でも外でもたくさん使う

以上の3パターンでそれぞれおすすめのチョイスを考えてみます。特に安さを重視して格安スマホのチョイスが多いです。

docomoなどのキャリアを使用されている場合は乗り換えが必要だったりもしますが、確実にお得になるのでぜひ参考にされてください。

家でインターネットに繋ぐ時間が長い方

おすすめプラン① 光回線+格安スマホ

光回線の大まかな値段設定は月額4,000~5,000円くらいです。それに格安スマホの維持費大体2,500円(月3GB+通話無料10分くらいのプラン)をたすと、月々7,000~8,000円となります。

このチョイスでは家の中では確実に高速な通信が可能であり、外出先でも格安スマホの通信で十分ということであればスタンダードなプランとなるでしょう。

注意点

光回線によって、初期工事費用がかかります。5,000~30,000円が最初に発生する場合が多いです。キャンペーンによって工事費が無料になる回線もありますが、それぞれ細かなルールがあり、何年縛りといった点もチェックが必要です。また、光回線でもマンションタイプですと混雑時にかなり速度が低下する場合もあります。

おすすめプラン② ポケットWi-Fi+格安スマホ

ポケットWi-Fiでの通信費を大雑把にみてみますと月額3,500円ほどが多いです。もちろんそれより安いプランもありますが、一定以上の使用で通信制限がかかるといったシステムになっていることが多いです。

さらに、ポケットWi-Fiも多くが2〜3年の縛りがあり、一見非常に安く感じるプランであっても、トータルでのコストが高くつくポケットWi-Fiが存在し、それをあえて取り上げているサイト、ブログ(中間マージン目当て)もありますのでご注意ください。

料金だけを見ますと、ポケットWi-Fi使用料の相場が月3,500円と格安スマホの相場月2,500円(3GB)をたすと、月々約6,000円となります。この維持費は家に光回線を引くよりも安いプランです。

ただ、いつでも超高速通信を求める場合はポケットWi-Fiでの運用はあまりおすすめできません。やはり光回線が確実に安定、高速です(状況によりますが)それで、この選択は外出先でも比較的早いスピードを求める方におすすめです。

おすすめのポケットWi-Fi

ポケットWi-Fiを用いて月額料を抑えるのであれば、格安でSIMだけプランも選べるFUJI Wi-Fiはおすすめです。基本的には何年間という縛りがなく、自由に解約できることもメリットです。

2020年10月より大幅にプラン変更があり、初月に5,000円のデポジット料金を支払うことで月額料金が500円割引になる「デポコミコース」などが追加されました。(12ヶ月後に返金される)

SIMプランなら月額980円(デポコミ・10GB)からスタートです。端末をレンタルする場合は月額2,600円からで+500円加算されているので、長期で使われる場合は端末は別途購入してしまったほうがお得ですね。

WiMAXについて

ポケットWi-FiでもWiMAX(UQ WiMAXが本家)は3日で10GBを越えなければ、あとは無制限というルールで、かなりの大容量通信に耐えられる仕様になっています。WiMAXでもプロバイダーを選ぶことで3,000円台から契約可能ですのでこちらもおすすめです。

さらに、WiMAXは格安スマホのUQモバイルとの併用でギガMAX割(携帯料金の月額から-500円)が適用されるためかなりお得になります。

容量無制限と謳うクラウドSIM系ポケットWi-Fiについて

完全無制限の「クラウドSIM系」ポケットWi-Fiも最近話題になっています。ただし、どんなときもWi-Fiでの通信トラブル(通信速度が極端に遅くなる)というような事故も生じており、現在は慎重なチョイスが求められます

さらに、どんなときもWi-Fiを提供している株式会社グッドラックに対して6月19日には総務省からの行政指導も入っています。詳しくは下記リンクから。

MVNOサービス「どんなときもWiFi」の利用者へのサービス提供に係る株式会社グッド・ラックに対する指導等

容量無制限と謳うようは場合には利用者に誤解を与えないような記載がもとめられるという点などが挙げられており、この点は他のWi-Fiサービスについても注意喚起が行われています。

外でインターネットをよく使う方

おすすめプラン① ポケットWi-Fi+格安スマホ

すでに紹介している持ち方ですが、ポケットWi-Fi+格安スマホの2台持ちは外出先でも通信速度を高く保ってくれるため、快適なインターネット接続を楽しめます。(クラウドSIM系ポケットWi-Fiにはご注意ください)

おすすめプラン② 格安スマホの通信容量を増やしてテザリングする

外出先でもネットを気にせずに見る方法のもう一つは、格安スマホの容量を増やしていくということです。そしてテザリングを用いて他の端末にインターネット共有をするという方法です。

おそらくこれが一番安くつく方法です。基本通信量と通話料+2000円弱で可能なので、5000円を切るくらいで実現可能です。問題点は通信速度です。格安スマホは基本的にキャリアのスピードにかないません。そしてテザリングにて他の端末と繋ぐと余計に通信速度は低下してゆきます。

常に高速通信を求める場合は避けた方が良い選択でしょう。そしてスマホのバッテリーもかなり消費する点や、通話中は使用できない場合があるという点も要注意事項です。さらに詳しくは次の記事をご覧ください。

楽天モバイルUN-LIMITを使う

楽天モバイルの新プランUN-LIMIT(アンリミット)を利用して通信費を抑える方法もあります。このプランは月額2,980円で通話と通信が無制限という画期的なものです。もちろんテザリングも可能で、モバイルWi-Fiルーター代わりに使うこともできます。

ただし、楽天回線の範囲が狭いことや楽天モバイル自体の信頼性が若干薄めなことなどもあり、超おすすめというところまではいきませんが、私自身契約中でして比較的良い感じに運用できています。

楽天モバイルUN-LIMITについての詳細記事もよろしければご覧ください。

家でも外でもたくさん使う方

おすすめプラン 光通信+キャリアのスマホ

いつでもどこでも最高の速度を求める場合は、当然このプランになるでしょう。家には高速な光回線、スマホは光回線と同様メーカーのdocomoやau,ソフトバンクで揃えれば割引も効きつつ、常に最高速の通信を楽しめます。現在docomo、au、ソフトバンクで5G対応のデータ無制限プランも登場しています。

大体のプランが6ヶ月間は3,500円くらいを打ち出しますが、それ以降は5,000円以上へと上がっていきます。さらに、容量も完全に無制限というわけではないようです。(詳しくは今後の展開にも注目です)

同じキャリア(docomoスマホならdocomo光など)でスマホも光もそろえればスマホ1台につき1,000円ほどの割引が効きますが、それでも携帯代と光回線での費用は10,000万円を即座に超えてくるでしょう。

当然このプランが最速であることは間違いありません。家族割や他のキャンペーンと加えての利用でできる限り維持費を抑えつつ使用すれば格安スマホ+ポケットWi-Fiほど安くはありませんが、それなりの値段に落ち着かせられます。高速通信を重視される方にはこのプランは間違いないでしょう。

まとめ

スマホのネット環境に加えて光回線やポケットWi-Fiなどを併用して上手く通信費を抑える方法について考えてきました。

もちろんどこでも超高速通信が行いたいという方には大手キャリアの5Gも視野に入れたプランとそれに合わせた光回線というのが良いです。

ただ、そこまでの通信速度を求めないのであればスマホのテザリングやモバイルWi-Fiルーターを用いて費用をかなり抑えつつそれなりのインターネット環境を実現することはできます。

是非、ご自身の環境に合わせて最適なチョイスをしていただけると嬉しいです。

QooQ