DELL Precision 3630を24時間運用PCにする【プロBTOビルダー作】

今回は毎度お世話になっている先輩からの記事となります。わざわざ記事を書き上げてくださったので、原文+注釈でお送りします。(非常にマニアックな内容となっております)

みなさんこんにちは。たまーにこちらのブログサイトでひょっこり登場する、通称「BTO先輩」です。

今回は、管理人さんが以前(※2022年5月頃)に悔しい思いをした、メーカーブランドコンピュータのカスタマイズに、わたしが一肌脱いで代理リベンジをやってみよう!という寄稿記事になります。

24時間運用向けパソコン

話の始まりは、とある友人から…

24時間運用向けのパソコンが欲しい

という相談(もとい依頼)を受けたコトです。

さすがにこの条件だけでは詳細を詰められないと思い「用途は何?」「ノンストップである必要性は? 」「扱うデータ量は?」…こちらから問いかけました。

すると驚くべきことに、具体的な返事はなーんにも無かったのでした…。友人のコンピュータ知識レベルは「お察し」で対応することになったのです。

そこで大いに悩んだ末、以下の方針を固めたのでした。

メーカーブランド(←ここ大事)の中古サーバーをベースにしてカスタマイズしちゃえば何とかなるのでは?

考慮したのは下記の点です。

  • 庶民感覚で許容範囲内の予算に抑える
  • エラー訂正機能のあるメモリが使える(※使うとは言ってない。ある落とし穴について後述します)
  • ストレージはシステム領域とデータ領域とで物理的に分ける
  • Windows11に正式対応している
  • ニプロンの電源ユニットを搭載可能→在庫切れのため後日対応予定

参考までに、新品パーツでこのようなシステムを作ると、試算額は30万円程になりました。贅沢な仕様にすれば100万円コースだって余裕で可能。もちろん今回はやりませんが。

さて、先に「サーバー」と言いましたが実際は「ワークステーション」をベースマシンとして採用しました。ヤフオクにてゲット。モデルは…

「DELL Precision 3630」

「プレシシオン」と読みます。ググっていただくと分かりますが、出てくる情報がとっても少ない\(^ ^)/。

カスタマイズ前がこちら

カスタマイズ前のPC

主な仕様は…

・CPU Xeon E-2174G
・メモリ 32GB(8GB*4枚)
・SSD 256GB
・GPU Quadro P4000
・Windows 10 Pro for Workstationのライセンス有り

と言った感じで、性能はイイ線いってるベースマシンが用意できました。約7万円。

さてここに「24時間運用」要素として冷却能力と電源の強化・データ専用SSDの追加を行いました。以下詳細。

冷却能力強化

このモデルについての調査を進めた結果、CPUの発熱量が多い=TDPが高い場合のみに採用される冷却強化パーツが存在することが分かりました。

これを使えば長期間運用に役立つはず!しかし、こうも思いました…「旧機種の専用オプションパーツ、手に入るのか…?」→意地で見つけました!

強化型CPUクーラーは…

新品 DELL XPS 8910 8920 8930 T3630 CPUクーラー 修理パーツ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/hapihapinessstore/hapi-5509.html
https://store.shopping.yahoo.co.jp/merusy-store/hapi-5509.html

VRヒートシンクは…

新品 DELL XPS 8930 95W VRヒートシンク DP/N :0639V8

https://store.shopping.yahoo.co.jp/hapihapinessstore/hapi-50564.html
https://store.shopping.yahoo.co.jp/merusy-store/hapi-50564.html

購入可能です。

作業の様子がこちら

CPUクーラーの比較

ノーマルとの比較。存在感が違いますね~。期待大です。

先にVRヒートシンクを載せ…

後からクーラーベースを載せます。

クーラーベースを載せた

完成写真は…撮り忘れました。ごめんちゃい。興味のある方はDELLのHPでどうぞ。

データ専用SSD

NAS向けのモデルを用意しました。

セカンドSSDとしてセット。

Western Digital RED SA500 1TB

Western Digital ウエスタンデジタル WD Red SATA SSD 内蔵 1TB 2.5インチ (読取り最大 560MB/s 書込み最大 530MB/s) NAS メーカー保証5年 WDS100T1R0A-EC SA500 【国内正規取扱代理店】

ここまではほぼ理想通り。しかし、まさか「メモリ」でこんなことが…。

△エラー訂正機能付きメモリにしたかった…

実は、わたしは落札時に一つ思い違いをしていたのでした…。

「CPUがXeonでチップセットがC246(※どちらもECCメモリに対応している)だから当然メモリもECCタイプが載ってるはずだよねー」と。←そんなコトありませんでしたorz。

実にノーマルなメモリが搭載されていたのです…。

よくあるメモリ4枚

あっ、動作・認識はちゃんとしているのでそこは誤解なさいませんよう。とはいえ、32GB分のECC Unbufferedメモリを別途用意すべきなのか…?たとえばこういうの。

https://www.ark-pc.co.jp/i/11705304/

後で依頼主と相談ですね、これは。

ここまで出来た。

完成したPC

主にSATAケーブルと電源ケーブルを引き直しました。

余談

Windowsは10から11に無事アップグレードできました。

コンシューマーCPUの第8世代と同時期の製品だったので予想通りでした。これで2025年10月以降も問題なし。

コイン電池を調べたら残量がなんと0ボルト!? ここまで消耗したのには中々お目にかかれないかも。

もちろん新品に交換しました。発売時期(2018-2019年)からすると消耗が早い気がします。なんでだろう?


パナソニック リチウム電池 コイン型 3V 2個入 CR-2032/2P (2個セット)

電源ユニットについて

電源ユニットはニプロンの方で在庫切れのため、再入荷予定の4月以降に続編として寄稿したいと思っております。700Wタイプを搭載予定です。あとハーネスを少々追加します。

追記

先日依頼主さんと電話をした結果、ニプロン電源への換装は急がないことになりました。

(たぶんいないと思いますが)結果を早く知りたかった読者の方々にはお詫び申し上げます。気長にお待ちください。

細かな解説(超詳細)

ここから「解説編」として何をどうリベンジしたのか解説します。

*参考:メーカーPC改造の過去記事について
HP Prodeskの改造でCPU、メモリ、SSDまでの交換は可能でした。しかし、それ以上の電源周りの変更などは失敗に終わったのでした。

説明口調の文面となりますが、ちゃんと同一人物が執筆しています。ご了承ください。

管理人さんの結論:

メーカー製PCにおいて流用しやすいのは「CPU」「メモリ」「ハードディスク・SSD」まで

=その通り。異論なし。

筐体・マザーボード・CPUクーラー・電源は難しい

=これまたその通り。管理人さんが挑んだのは「SFF」=「スモール フォーム ファクター」

文字通り「小さい」ことをウリにしたモデル。

この手のPCは「様々な工夫を凝らして」=「独自規格満載で」コンパクト化を図っているので、なおさらパーツの流用は難しい。

筐体・マザーボードについて

筆者の持論:「筐体とマザーボードは一対で考える」

マザーボードには規格がある。ATXやBTX、Mini-ITX等と呼ばれるものだ。固定用ネジ位置はほぼこれで決まる。

しかしメーカーパソコンには「独自規格」という壁が高ーく聳え立っている。一筋縄ではいかないのだ。

今回選択したPrecisionのマザーボードは、サイズで言えばmicroATXである。

HP Prodesk 600 G1 SFFも確認したところ、同じくmicroATXではあった。

ネジ位置も変わらない。では、それは「この2つは簡単に入れ替え可能」ということだろうか?「否」である。

メーカーにしてみれば、筐体とマザーボードの組み合わせパターンはほぼ一択。汎用性は考える必要がない。(これが必要なのは自作PCやBTOの領域である)

なのでメーカーパソコンの背面パネル部は筐体と一体のことが多く、自作PCのようなIOパネルの交換はほぼできないのだ。

Precisionの場合、一見すると背面パネル部が付け外しができると期待してしまうが騙されてはいけない。

あれは「ただのシール」であり、できるのは「付け外し」ではなく「剥がすだけ」である。

こうすることで全体のパーツ点数を減らし、製造コストを下げているのだろう。涙ぐましい営業努力である。こちらは別の意味で涙を流すが…。

Precisionの背面
DELL公式ホームページより

公式HPの紹介写真を並べてみた。ご覧の通り、コネクタの位置関係や数が異なるのだ。

そしてそこは簡単に入れ替えたりはできない。筐体と一体だからだ。

世代が違えばたとえ同シリーズであっても流用は難しい。まして他社製品では期待すべくもない…。

これらのマザーボードを市販の自作用シャーシに単に載せるだけなら、背面パネルの事情に目をつむれば比較的ラクにできよう。

しかしメーカー製の筐体に別のマザーボードを載せるには金属加工が必要だ。正確にIOパネルサイズの長方形を開ける腕前も。

Youtubeで再生数を狙うのでない限り、面倒なうえ割に合わないだろう。

管理人さんが別のマザーボードとケースを用意していたのはある意味正解ではあったが、ご本人の言う「何をしたかったのか、もはや分からない」泥沼にハマる要因にもなってしまった。

そこで当方は「マザーボードと筐体はそのまま使えるベースマシンを用意する」という方針で動いたのだ。教訓に感謝である。

CPUクーラー

管理人さんが遭遇した「ネジ位置まで特殊」という例は自分も初めて知り、勉強になった。ありがとうございます。

24時間運用が前提なので、CPUクーラーの強化は必須と判断した。

Precisionのクーラーネジ位置は「ごく普通」。しかし真上に電源ユニットがあるので高さ制限が厳しい。

一般流通品の中から選ぶのなら、高さがちゃんと収まるかよく確認すべきだろう。

今回自分が採った作戦は「同型機の上位版用パーツを探す」というものだ。何せ「同型」である。互換性の問題はほぼ無い。安心です。

換装をした感想をここで述べよう。実はOSセットアップ時にはまだノーマルファンだったのだが、負荷に応じて回転数が上がり、うるさく感じていた。

しかし強化クーラーにしてからはファンの音が小さくなり、冷却能力に余裕があるためか回転数も上がりにくくなり、静音効果があったのだ。

依頼主からも「静かでいい」との評価。良かった。

電源ユニット

ハッキリ言おう。「厄介極まる」と。メーカー独自規格のメインコネクタは自分の知るだけでも…

・6pin(DELL)

・8pin(DELL)

・10pin(Lenovo)

・小型の24pin(HP)

と実に多様だ。管理人さんのように市販の変換ハーネスを使ってもうまくいかないリスクだってある。

それでも「24時間運用ならニプロンの電源に換装したい」と心に決めていた。でも失敗は避けたい…。そこで事前によく調査したのだ。ポイントは以下の通り。

コネクタ形状は「ふつう」か?

→公式HPやヤフオクの紹介写真を徹底分析。結果、CPUがノーマル4pin。メインがノーマル24pin。OKだ。

筐体に収まるか?

→Precisionは組み合わせるグラフィックボードに応じて電源を注文時にカスタマイズ可能!これすなわち、複数種類の電源が搭載できるということ。

「汎用性あり」と判断。ネジ位置も汎用ATX電源と一致。イケるでしょ!

なお、実機が届いて確認したところ、奥行き190mmまで入りそうだった。

ファンガードやネジの頭が飛び出ていないデザインの電源が無難であろう。ニプロンならピッタリ。(参考までに)

https://www.nipron.co.jp/product_detail/index.cgi?p=20620401

おまけ

データ専用ストレージも載せたかったので、搭載スペースがちゃんとあることを確認した。個体によってはゲージがハードディスク用のみだったりするので気をつけよう。

結論

総括すると…

「自分がカスタマイズしたい部分がどうなっているか、事前によく調べよう!」

メーカーのHPはもちろん、お目当てのモデルのオークション出品写真も参考になる。

口調を戻します。いかがだったでしょうか?自分が管理人さんの経験を糧にできたように、この記事もまた、どなたかの参考になれば幸いです。

追記:(管理人)
プロBTOの先輩が書いただけあり、圧倒的にマニアックな記事ですね。各パーツのURLまですべて載せていただいたので、ほぼそのまま使わせていただきました。毎度のことながら感謝です。
解説部分も興味深く、メーカーPCの改造についての総括となっています。わたしも大変勉強になりました。今後の制作の糧になります。

Next Post Previous Post
No Comment
Comment
comment url