予算10万円でとにかくコスパの高いノートPC【個人的厳選機種】

2022/07/16

PC ノートPC

予算10万円でコスパの高いノートPCを取り上げます。14インチ以内と15インチ以上の2つに分けて厳選した機種を取り上げます。

厳選ノートPCの紹介とともに、ノートPCを選ぶ際に要チェックなポイントをいくつかまとめてみました。

予算10万円の超コスパ重視ノートPC

14インチクラス

一般的には14インチサイズ以下のモデルは持ち運びにも最適なモバイルノートPC的なジャンルです。

とはいえ14インチあれば左右2画面表示で十分な情報を閲覧することもでき、携帯性と実用性を兼ねたサイズ感です。

Lenovo IdeaPad Flex 570(14型 AMD)

レノボのIdeaPad Flex 570(14型 AMD)は人気のFlex 5シリーズのAMD製CPU搭載モデルです。

光沢のタッチパネル液晶は360°画面が回転する2in1タイプで、デジタルペンも付属しています。

先代のFlex 550と比べると画面サイズが縦長(1920×1080→1920×1200)に変更されて表示範囲が広くなっています。

また、CPUはそのままですがメモリ速度が向上しており全体的にスペックアップされています。

AMD Ryzen 5 5500U、8GBのメモリ、256~512GBのSSDも余裕のある構成で、直販サイトでクーポン適用すると税込8万円台~です。

先代のFlex 550を一時的に手に入れたのでレビューしています。 

Flex 570は低価格なコンバーチブルタイプの2in1ノートPCでありつつ、性能も高いおすすめモデルです。上位CPUのRyzen 7、メモリ16GB搭載でも約10万円です。

  • Lenovo製品の購入方法

購入はLenovoの直販サイトからがおすすめです。 PCの細かなスペックごとに購入できるので1番合うモデルを選べます。

ただ、Lenovoのサイトでややこしいのが、同じモデルでもパターン別に非常に多くのモデルが並んでいる中から探すのが大変です。

※ Eクーポンコードを適用させるには、カートページにて「クーポンを利用」をクリックするかクーポンコードの入力が必要なので注意してください。

Lenovoの購入ページ
商品をカートに入れる

購入ページにてクーポンを使用
クーポンを利用をクリックしてから購入手続きへ

IdeaPad Flex 570(Lenovo直販サイト)


Lenovo IdeaPad Slim 570(14型 AMD)

IdeaPad Flex 5シリーズと同じくRyzen CPU搭載のIdeaPad Slim 570というモデルも非常にコスパが高いです。

Flex 5シリーズとの違いはSlim 5シリーズは2in1タイプではなく通常のクラムシェルノートPCで、画面が非光沢の16:9(1920×1080)であることなどです。

Slim 570はRyzen 5 5625U(もしくはRyzen 7 5825U)が搭載で非常にスペックが高く、価格もFlex 5シリーズよりも安くて60,000円台から購入可能と超ハイコスパです。

2in1である必要がなく、純粋なノートPCで価格は抑えつつも性能を重視したい方には間違いなくおすすめのモデルです。

IdeaPad Slim 570(Lenovo直販サイト)

DELL New Inspiron 14 AMD

DELL Inspiron 14もコスパは圧倒的です。Ryzen 5 5625U・8GBメモリ・256GBの構成で直販サイトで7万円台~購入可能です。

スペック的にはLenovo IdeaPad Slim 570と近く、価格とスペックのバランスが非常に高くてデザインもシンプルで良いです。

また、画面比率が16:10(1920×1200)で作業しやすく、チルトアップ式のヒンジによってキーボードがほどよく傾くのも良いです。

DELL Inspiron 15 3000(3505)という15.6インチモデルのレビューもしています。CPUは旧型Ryzenですが、事務用途には十分なスペックでした。

【Dell】New Inspiron 14 AMD プレミアム(DELL公式)


15インチ以上

15インチを超えるモデルは重量が2kg程度になる場合が多く、持ち運びにはあまり向きませんが、画面の大きさゆえに作業の効率が上がることがメリットです。

据え置きで使用したり、メインPCとして使われる場合にもこれくらいのサイズがあると様々な作業で余裕をもって行うことができます。

Lenovo IdeaPad Slim 560 Pro(16)

新型のIdeaPad Slim 560 ProはCPUがRyzen 5 5600H~、8~16GBメモリ、512GBのSSDで16インチ非光沢の2.5K IPS液晶にフルサイズのキーボードを搭載したモデルです。

特に16:10で2.5K(2560×1600)の100%sRGB、350nitのディスプレイは16インチの大画面と合わせて広い作業範囲と美しい映像を実現します。

筐体も裏面までアルミ製で質感も高く、Ryzen 5 5600H搭載モデルで約90,000円~、Ryzen 7 5800H搭載モデルで約100,000円~と圧倒的なコストパフォーマンスを誇ります。

さらに価格は上がりますが、グラフィックボードにNVIDIA GeForce GTX 1650を搭載したグレードもあり、動画編集やゲーム用途にもかなり使えます。

IdeaPad Slim 560 Pro (Lenovo直販サイト)

 

HP ENVY x360 15-ee

HP ENVY x360 15-eeはRyzen 5 5500Uを搭載して80,000円程度~購入可能な15.6型のコンバーチブルタイプの2in1ノートPCです。

画面が360°回転し、タブレットモードにしてイラストを描くことも可能です。(筆圧検知のスタイラスペンは別売り)

ディスプレイはFHD(1920×1080)の色彩が正確な100%sRGBのIPS光沢液晶を搭載していて、サウンドも3スピーカーで臨場感を出してくれます。

全体がアルミ製で質感も非常に高く、HPのロゴマークも上位機種用のお洒落なタイプが使われていて、デザインを重視される方にもおすすめです。

HP ENVY x360 15-ee(HP公式)

追記:

今回の機種はRyzen 5やCore i5という中間グレードを狙っていますが、予算次第でさらに上のグレード(CPUをRyzen 7やCore i7に変更するなど)も良いです。

Ryzen 5000番台搭載モデルかIntel 第12世代搭載モデルの中で選んでいけば今後長く使える十分な性能です。紹介した全モデルでWindows 11に対応しています。

加えて価格の変動や、人気機種が多くて在庫状況も不安定で発送が遅くなるパターンもあるので注意が必要です。

10万円程度のPCでチェックすべき性能

メモリ8GB以上が基本

これは以前の記事でも取り上げた点ですが、メモリは最低8GB以上欲しいです。

たとえ重い作業を今する予定がなかったとしても、今後PCでの作業を機会がなにかしらありそうなのであればメモリは8GB以上を選びましょう。

今回取り上げたモデルはすべてメモリ8GB以上という構成で、上位になると16GBモデルもあります。

予算的に可能ならメモリ容量16GBを積んでおくと、将来的にも安心して使えるでしょう。

CPUの性能

CPUは「Core i5」や「Ryzen 5」といったグレードの物をチョイスしています。CPU性能については取り上げた機種はどれも高性能で十分に将来的に通用するスペックです

最近になり「Intel」と競い合う「AMD」が安価でハイスペックなRyzenシリーズを販売してくれているおかげで選択肢が広がっています。

ブランドのイメージ的にはIntelが良さそうな雰囲気がありますが、AMDのRyzenも処理性能も良くて安いので、コスパの高い仕様に仕上がっているモデルが多いです。

ちなみにどちらも3⇒5⇒7の順に性能が上がります。その後の4桁の数字で世代やCPUの強さがわかるようになっています。

Windows 11に対応しているか

現在発売のモデルのほとんどはWindows 11に対応しています。細かな要件があるのですが、CPUがIntel第8世代以上、AMDのRyzen第2世代以上搭載ならほぼ大丈夫です。

メーカーの購入ページにも対応しているかどうかが記載されていることも増えています。ちなみにWindows 11をインストールしてみた印象をまとめた記事もあります。

正直Windows 10でも十分と感じる部分が大きいのですが、サポートが2025年10月で終了するため、今から新品PCを購入するなら11対応は必須ですね。

SSDの容量について

ほとんどのモデルの最小構成である、SSD256GBという容量は一般的用途には十分でしょう。

Windows 11になってほぼOSだけの状態でも50GB以上は食うようになっているイメージなので128GBでは少ないですね。

容量は多いに越したことはないので予算の範囲内で選んでいただけると良いと思います。1TBあると動画のデータ保存なども余裕でしょう。

ちなみに外付けのSSDやHDDも利用できるので、そこまで本体容量にこだわらなくても良い場合もあります。

HDDかSSDか

HDD(ハードディスクドライブ)搭載のモデルは選ばないでいただきたいです。HDDとSSD(ソリッドステートドライブ)を比較するとSSDは体感10倍くらい高速です。

最近ではSSD搭載のモデルがほとんどなので、格安モデルでHDD内蔵というパターンにだけ気をつけていただければと思います。

ディスプレイは非光沢か光沢か

ここはほぼ好みの問題になるところですが、IdeaPad Flex 570などは光沢液晶でタッチパネルです。

画面の綺麗さでは光沢のIPS液晶が上回りますが、非光沢液晶ディスプレイの良さもあり、目の疲れが少なく長時間の作業には非光沢が向いています。

このあたりは好みの問題となってくるので何とも言い難いのですが、光沢ディスプレイでも非光沢フィルムを貼れば反射を減らせるので、どちらを選んでもOKという印象です。

Macbook Proに非光沢フィルムを貼ってみた記事も書いています。

2in1ノートPCというジャンル

2in1PCのFlex550をテントモードで使用

今回紹介している中ではIdeaPad Flex 570などがコンバーチブル型PCとしてタブレットしても使えるという意外に便利な機能を搭載しています。

この2in1ノートPCというジャンルも、動画視聴の機会が多かったり、プレゼンなどでタブレットとして使う機会がある場合など、用途に合えば良いチョイスになるでしょう。

2in1ノートPCのメリット・デメリットをまとめた記事も参考にされてください。

画面サイズは13インチ以上が良い

最近のノートPCはベゼル(画面の外のふち部分)がかなり狭く、小型軽量に作られているモデルが多いです。

個人的には14インチの大きさはとてもバランスよく、十分な画面サイズと持ち運び安さを兼ね備えていると感じます。

16インチクラスのノートPCは、家に据え置いての使用がメインになりますが、作業スペースの大きさからマルチタスクや動画編集もしやすいです。

さらに画面サイズが欲しくなったら

ちなみに画面サイズがもう少し欲しいなという方にはおすすめのアプリ「spacedesk」(無料)があります。

タブレットやスマホをPCのサブディスプレイにできてしまう便利アプリです。詳細は次の記事で扱っています。

もちろんタブレットを利用するのではなく、外付けのディスプレイを追加で購入してHDMIなどで接続して利用するのもおすすめです。

予算10万円では総合的なコスパを考える

予算10万円ならかなり多くの機種から選べます。製品のデザインや重量、CPUの性能やディスプレイ性能などチェックしたい項目は多くあります。

個人的にはレノボ製品は長年利用してきたため耐久性やキータッチの良さなどの付加価値もあり、トータルでのコスパは高いです。

とはいえ、HPやDELLからも近い値段帯、スペックで競合するモデルが発売されていて、AppleもMacBookもM1チップ登場以降、高性能かつ比較的低価格になっています。

MacOSでも問題なく、Appleのデザインや連携機能などに惹かれるなら15万円近くになりますが、MacBookも選択肢になるでしょう。

製品情報はハイペースで更新されていくので、さらに新モデルが登場している場合は価格とスペックを見つつチョイスしていくのが良いと思います。

据え置きならデスクトップPCという選択もあり

最近のノートPCはデスクトップPCにも引けをとらない性能を持っていますが、現在でも性能と価格のバランスが高いのはデスクトップの場合が多いです。

また、ノートPCではどうしてもバッテリーの消耗や、ディスプレイの大きさの制約などを受けてしまいます。

この辺りもデスクトップPCでは基本的に消耗するパーツのサイクルが長いため、PCとして長く使えて拡張性も高いなどのメリットがあります。

もちろん、本体以外にディスプレイ、キーボード、マウスなどを用意する必要があるため、トータルでは高くつくこともありますが、一度揃えればそれらもずっと使えます。

Windows 11に対応した格安デスクトップの探し方も調査してみました。

profile

自分の写真
「Blogger」にてガジェット関連の情報を発信するちょっと変な人です。

search

archive

QooQ